凄い硬そうだね。若い子のは元気ね

凄い硬そうだね。若い子のは元気ね

俺が20歳の時の体験談です。
俺は高校卒業して、この会社に入りました。
従業員は社長含めても20人ぐらいの小さな会社。
俺と同期の奴もいたけど、半年も持たずに辞めていった。
だがら、ほとんどの従業員が、40歳を越えていました。
女の人もいたけど、パートのおばちゃんとかでした。

でも、一人だけ綺麗な人がいてました。
それは副社長で34歳。
しかも副社長は社長の奥さんでした。

34歳と言っても20代半中盤ぐらいに見える人です。
社長とは22歳離れていて、副社長が26歳の時に結婚したみたいです。
副社長と言うのは役職だけて、仕事内容はパートのおばさん達と事務をしていました。
でも俺からしてみたら立派な上司です。

そして副社長と初めて熱い関係になったのは、俺が入社して2年ぐらいたった夏の時の事です。
社長や会社の先輩達がゴルフのコンペに行きました。
俺はゴルフをしないので行ってないが、終わったら打ち上げをするとの事で、社長命令で、その打ち上げの準備を副社長と昼からする羽目になりました。

副社長とは昼前に会社で待ち合わせをして、車で買い出しに・・・!
副社長の私服姿は、これまでも何回も見ていたが、その日はやけに薄着でセクシーでした。
生足に白のミニスカートにスケスケのブラウス。
中に着ている黒のキャミソールが堪らない!!
目のやり場に困りながら、何とか買い出し終了。
会社に戻り、次はいつも仕事をしているデスクを壁際に退けることに・・・。

流石に俺一人では持ちづらいので副社長が手伝ってくれて、二人で机の端を持ち、共同作業で運んだ。
机を1つ運び終わると、「暑いねぇ~」と、ブラウスを脱ぎ、キャミ姿になった。
前屈みになると、胸元から白のブラジャーも確認できる。
胸は小さめだが、今まで以上に目のやり場に困った。

まだまだ続きます

でも俺は、何回か副社長をオナネタとして、想像でお世話になってたので、この機会をチャンスと思い、バレないようにチラ見していた。
ようやく、デスクも片付け、宴会用のテーブルも用意でき、一段落。
以外にも、早く終わったので、副社長と椅子に腰を掛け休憩してた。
俺の向かいに座る副社長の脚が凄い気になった。
パンツが見えそうで、なかなか見えない。

その時、副社長が足を組む時にスカートの中がチラッと見えた。
白のパンチラげっと。
副社長と向かい合って話しながらも、再びパンチラを見るのに必死だった。
その後も、足を組み替える度にかなりの確率でパンチラを拝めた。
そして、副社長の携帯がなった。
社長からだ。
終わるのが遅くなったみたいで、帰りはまだ2時間ぐらいかかるようだった。

俺達はする事もなく、他愛もない話を続けてた。
俺は話よりも、パンチラ目的だけど・・・。
足を組み替えす時しか見れなかったパンチラも、副社長が椅子に奥深く座り直したことで、普通の状態でも、バッチリと見れた。
たぶんこの時の俺はかなり挙動不振な感じで、目をキョロキョロしてたと思う。

時々、副社長と目が合うと、バレてないか凄いドキドキした。
次に目が合った時は、途中で副社長は話をやめ、ピタッと、脚を閉じた。

『やばい!バレてしまった!』と思い、俺は目を逸らして焦ってた。
恐る恐る、副社長を見ると、俺を見たまま黙っている。

すると副社長はゆっくりと脚を開き始めた。
当然、モロにパンツは丸見え!

「見たいんでしょ?さっきからずっと見てるよね?」

まさかの副社長の言葉に俺は何も答えられずに生唾を飲んだ。

「可愛いね。秘密に出来るなら、まだまだ誰も帰って来ないから、いい事しようか?」と副社長は誘ってきた。
さらに股を全開に広げ、俺にパンツを見せ付けた。

副社長はいつもと違う顔付きで、「私を女として見てくれてありがとうね」と、一旦股を閉じると、腰に手をあてて、パンツをずらし始めた。
パンツを下ろすと、また股を広げ、「ほらっ、見て!あなたがヤラシイ目つきで見るから、こんなになっちゃった」と、指でマンコを広げてグチョグチョになったのを見せてくれた。
もう俺のチンコはハチ切れそうだった。

「私にもあなたの見せて」

副社長の言葉に俺は、何の躊躇いもなくズボンとパンツを脱ぎ捨てた。

「凄い硬そうだね。若い子のは元気ね。ほらっ、もっと私のを見て・・・」と、副社長は俺の目の前でクリを触り、感じ始めた。

「あは~ん・・・もっと見て・・・人に見られるの・・・凄い興奮するぅ・・・」

副社長はマンコをピチャピチャと音を立てていた。
俺を副社長がこんなにエロいなんて想像もしなかったので、ギャップに興奮した。
自分でも副社長のオナを見ながら、自然にチンコをシゴいていた。

俺は普段は副社長の事を『奥さん』と呼んでいたので、「奥さん・・・僕も興奮します・・・ヤバイです・・・」と言うと、

「イヤ~ン・・・もっと私を見て興奮して・・・はぁはぁ・・・」

副社長は中指をマンコの中に入れ、さらに激しくオナり始めた。
俺もそれを見て一気にトップスピードでチンコをシゴいた。

「あっ・・・ヤバイです・・・奥さん・・・イッちゃいそう・・・で・・・す・・・。あぁはぁ・・・出るっ・・・」

俺は立ち上がり、副社長の方に向けてイッしまった。
精子は50センチぐらい飛び、俺と副社長の間の机にブチまけてしまった。
しかも、俺がイッたのは、シゴき始めて3分も経ってなかったと思う。

「もうイッちゃったの?早いよ。そしたら私の舐めて・・・」

副社長は指を抜き、俺に命令した。
俺はそのまま副社長に近付き、床に跪いた。
目の前には濡れ濡れのマンコがある。

「ここをいっぱい舐めて気持ちよくしてよ」

副社長はクリを指差して言った。
俺はクリにキスをして、無我夢中で舐めた。

「ハァハァ・・・す・・・凄い気持ち・・・こんなの久しぶり・・・。もっとお願い・・・ハァハァ」

「奥さん・・・凄いエロいですよ。ペロペロ・・・ハァハァ・・・。社長はこんな事してくれないのですか?」

俺は舐めながら聞いてみた。

「奥さんって呼ばれると凄く興奮するハァハァあの人は年だから長い間してないの・・・アンアンだから男の人にこんな事されるの久しぶりなの。そんな事より、もっと舐めて・・・あは~んっ」

俺は舐め続けた。

「あっ・・・そこ。そこ気持ちいい・・・。あぁぁ~ダメ。だめダメだめっ・・・いっ・・・。いっちゃっ・・・うぅん・・・」

副社長は腰を浮かすようにイッてしまった。
息を切らして、目がとろ~んとなった副社長は、「今度は私が舐めてあげる」と、俺のまだ完璧に回復してないチンコを咥えた。

「チュパチュパチュパ・・・。まあ大きくなってきたよ。気持ちいい?」

副社長は俺を下から眺めるように舐めてくれた。
その時・・・!!
副社長の携帯がなった。

一瞬、ドキっとした。
電話は社長からで、あと30分ちょっとぐらいで着くみたいだった。
副社長はまだ着かない事を確認すると、電話中もチンコを握りシゴいてくれた。
電話を切ると、「あんまり時間ないから、入れて・・・」と副社長に言われるまま、立ちバックで挿入した。
これほどスリルを味わったセックスをするのは初めてだった。

「んっう~ん・・・凄い・・・。入ってるぅ~ハァハァ・・・アンアン・・・ハァハァ・・・」

副社長は挿入して、奥までチンコが入ると、今以上にエロい声を発した。
俺は社長達がいつ帰って来るか不安で、入れて少ししてから腰をおもっきり振った。
それが副社長には良かったのか、「いやっ・・・凄い激しい・・・。気・・・気持ち・・・いい・・・」と、勢いよくアエギだした。

一回逝った後だけど、マックスで5分以上も腰を振っていれば、また逝きそうになった。

「奥さん・・・また逝きそうです・・・あぁ~あぁ~」

「いいよ。出して・・・ハァハァ中はダメよ・・・あんあんあん・・・はぁ~ん・・・あっ・・・あは~ん・・・」

俺はチンコを引き抜き、副社長のお尻にザーメンを出した。
副社長は、「ハァハァ・・・ハァハァ・・・。立ってられない・・・」と、その場に崩れるように座り込んだ。

俺はティッシュで副社長に出した精子と、自分のチンコを拭いた。
副社長はしばらく放心状態だった。

「奥さん、もうすぐ社長達帰ってきますよ」と、俺の声に反応して、下着をはき、乱れた服を整えた。
お互いに落ち着き、社長達の帰りを座ってまった。
俺は凄く後味の悪い気分で少し後悔していたが、「凄い良かったよ。絶対に誰にも言ったらダメだよ。でも・・・また機会があればしよね」と、副社長にこの関係の事を念を押された。

そして、社長達が帰ってきて、俺達は何もなかったように打ち上げをした。
会社の人達は当然、まさか俺達がさっきまでHをしてたなんて誰も疑う奴はいなかった。