再び繋がり膣内射精をしまくった

再び繋がり膣内射精をしまくった

僕が中2のとき上の階にすんでいた高2のお姉ちゃんとしました。
綺麗で頭もいいそんな感じの人で小さいときから遊んでもらったりしてたのでその時までまったく意識してなかったのですが、ある日普通に家に行くと

「こう君はまだHなこと興味ないの?」

「え・・・ないよないない」

「本当にぃ?なんか必死だなぁ(笑)」

ないはずなかった(笑)

「オナニーしてるの?」

まだまだ続きます

「え?・・・してる」

「やっぱり。興味あるもんね」

と、言いながらペニスをにぎられゆっくりしごかれました。

「好きな娘いないの?」

「いないよ・・・」

「本当に?まあー将来こういうことするんだから練習だと思いなよ」

「はい・・・」

ちょっとしごかれただけでもう出そうでした。
しばらくすると気持ちよくなり、

「お姉ちゃん」

「ん?」

「お姉ちゃん、いっちゃいそうだよ。もう限界ギリギリ」

すると急に激しくして

「お姉ちゃんやばいやばいよ、もうだめ」

すると急にやめて寸止め。

「気持ちいいでしょ?」

「うん・・・」

そのあと2回くらい寸止めされて

「お姉ちゃんもうやめて」

「んー?腰びくびくしてるよ?可愛いなあ」

「もう出したいよ」

「Hしてみたくないの?お姉ちゃんの中にいれていいんだよ?」

と言いながらパンツを脱いでびちょびちょにぬれたマンコを見せてくれたはじめて見て少しグロく感じたけどそれよりも

「びちょびちょだ」

「お姉ちゃんも興奮しちゃったの。ここにいれるんだよ」

ペニスを膣口にあててくれて

「いれていいよ?気持ちいいよ?」

「うん!」

「いきそうになったら言ってね?絶対だよ?」

「うん!!」

ヌプッという感じだったかなあ、一気に根元までいれると同時に、膣全体でペニスが締め付けられて、一気に射精感がきた。

「あ、お姉ちゃん、でちゃう!!」

「え?」

ビュルビュルビュルビュル・・・。
はじめて?の射精。

寸止めもたくさんしてたからかすごい量だったと思う。
あまりの気持ちよさにぴったりと腰をつけたまま、少しの間お姉ちゃんの上で眠ってしまったかと思うほど意識がはっきりしない。
それほどの気持ちよさだった。

「・・・こう君?」

「・・・なあに?お姉ちゃん・・・」

「気持ちよかった?」

「すごく・・・」

「1回ぬいて?」

「え、まだしたいよ」

「もう、1回だしたでしょ。早くぬいて」

とりあえずぬいた。
中から白いのがたくさんでてきた。

「お姉ちゃん何か出てきたよ?」

「こう君の精子かな」

「?」

「精子を中にだすとね、妊娠するかもしれないんだよ」

「え?」

色々と教えてくれて・・・。

「赤ちゃんできちゃうかなあ?」

「今日は大丈夫な日だと思うんだけど・・・自信ないなあ」

「大丈夫な日ってなに?」

「まだ知らなくていいかなこう君は」

「?」

その後、すぐにペニスがフル勃起して、再び繋がり膣内射精をしまくった。
後日、生理が来たことを告げられ、妊娠はしなかったらしい。