アダルトグッズを注文してきた近所の美人姉妹の姉

アダルトグッズを注文してきた近所の美人姉妹の姉

俺は鳶職をしていますが、不況のせいで収入が激減。
友達のツテでアダルトショップのアルバイトもしています。
アダルトショップと言っても客は少なく、仕事内容のほとんどはネットでのおもちゃの販売で、その包装などが多いです。

何気なしに宛先を見ていると、ご近所さんの物があった。
2つ年下なんだけど、近所では有名な美人姉妹の姉の方です。
これはチャンスかもと思いつつ、業者に頼まず、俺自ら配送する事にしました。
この弱みに付け込めるかもと想像して、持って行ったんだけど・・・。

出てきたのは妹の方でした。

「あっ、久しぶりです。どうされたんですか?」

「うちの会社の商品をお姉さんの方が購入されて、帰り道なので持ってきました」

・・・とさりげなくアピール。
でもそんなアピールの甲斐もなく、数ヶ月が過ぎました。
すっかりそんな事も忘れかけてた頃、近所のスーパーでばったり姉の方に出くわした。

まだまだ続きます

俺はその事を思い出して「久しぶり」ってさりげなく近寄っていきました。

ちょっと焦った顔はしてましたけど、「こんにちは」って挨拶してきた。

俺はこのチャンスを逃すまいと思って・・・。

「あの商品の使い心地は?」

露骨に言ってやりました。
顔真っ赤にして俯いたままです。

「誰にも言ってないですよね」

俯いたまま聞いてきたので・・・。

「妹さんに言えばよかった?」

冗談で言ってやりました。

「冗談だよ。まだ誰にも言ってないよ。彼氏にあれでやってもらってるの?」

「違います」

「馬鹿だな。彼氏って言えば良いのに、毎晩自分で慰めてるんだね」

「毎日じゃないです」

「そんなにしたいなら、俺がしてやるぞ」

無言のままです。

「誰にも言わないから、一回だけしようぜ」って持ちかけたんです。

かなり悩んでる様子。

「悩むんなら来い」

半分強引に俺の車に乗せて、ラブホへ直行。
俺もこんな美人とやれる事は滅多にないし、部屋に入るなり押し倒しました。
体型はスレンダーで手足がながい。
胸は小さめだが形はいい。
下の毛はかなり薄め。

バックで攻め立てると、19歳とは思えないぐらいの喘ぎっぷり。

一回戦が終わって、俺は聞いてみた。

「お前フェラ大好きだろ?」

「好きです」

「ならしゃぶれよ」

「はい」

素直に何十分もし続けます。
そして2回目はフェラで終了。

「お前ってフェラ上手いよな。またいっぱいしてくれよ」

「それならいつでもいいよ。したいし」

そう言ってくれたので、今でもほぼ毎日フェラしてもらってます。
今度は、縛らせてもらう予定。

いつかは、あの妹も落としてやろうと計画中。