痛い?足の力抜いて

痛い?足の力抜いて

私は高校生の頃、すごく真面目でみんなから怖がられ嫌われていた30代前半の独身の社会科の先生が好きでした。
絶対生徒なんか相手にしないな~と脈ナシでもすごく好きで毎日話し掛けていました。

やはりクールな反応でしたが、時々笑ったり、先生から話し掛けてくれたりして幸せな瞬間もありました。
冬休みに受験も控えていたので課外授業に参加しました。
日本史は課外授業なかったので、個人的に教えてもらおうと先生を訪れました。

先生は面倒くさそうな顔をしたので「やっぱりいいです」っと言ったら、「いいよ、どこだ?」って言ってくれました。
教室に移り、明治時代のとこを詳しく色々聞きました。
2人きりで静かな教室にいるなんて初めてで、もうドキドキがすごくてどうにかなりそうでした(課外授業は3階で私たちは2階だったので本当に誰もいない)

私は先生と距離を縮めるチャンスだと思い、勉強に関係ないことを質問してしまいました。

私「先生はなんで結婚しないんですか?」

先「サッカーと結婚した(サッカー部の顧問)」

まだまだ続きます

私「でも先生ならモテると思うから誰かいい人できますよ~」

先「お前だけだや。俺のこと追っかけまわすの」

私「えっ?!迷惑でしたか?・・・ですよねぇ」

先「迷惑とかじゃないけど、今は受験に専念しろよな」

私「先生に褒めてもらいたいから、すごく頑張ってますよ」

先「・・・まぁ大学行けばお前ならいい男できるべ」

私「先生のこと好きでいちゃダメなんですか?」

先「・・・」

私はもういてもたってもいられなくなり、先生にキスをしてしまいました。

先「!?何やってんだ!」

私「(泣きながら)先生のこと好きでたまらないんです・・・苦しいんです」

先「・・・俺も苦しいけどな・・・。

私「ごめんなさい・・・」

先「生徒っていうことは卒業しても変わらない・・・お前に対する気持ちはずっとそういう気持ちでいなければいけないんだけど・・・」

私「先生まで困らせて本当にすみません」

先「・・・だけどお前にそれ以外の気持ちを持ってしまったからすごく苦しい」
私「??」

先「でもダメなんだ」

私「(大泣き)先生の気持ち聞けて嬉しいです」

先「(そっとキスしてくれました)やっぱりダメだ・・・◯◯が好きだ」

私「先生・・・」

それからしばらくディープキスをしました。

先「やべっ。こういうの10年以上ないから・・・」

私「先生っ!」

私は我慢できなくなり先生の膝の上に座ってしまいました先生はすごく照れた感じでニヤニヤしてましたが、だんだん手がスカートの中に・・・もちろん、股間が膨らんでいるのも分かりました。

先「◯◯、お前経験あるべ?」

私「ないですよ。けど本当に好きで好きで2年間も想ってた人とこんな風になれたから私だって・・・」

先「俺も久しぶりだから・・・」

だんだん手がぱんつに近付き、ついに割れ目に・・・。
私「んんっ・・・」

先生は声で興奮したのか、もう片方の手を胸に・・・。

先「柔らかいな・・・」

私「はぁっっ」

先「ホント、今ヤバイことしてるよな」

私「そうですね」

そう言いながら先生は制服を脱がせ生おっぱいを揉んできました。

私「あっっ」

乳首を指でコリコリしたり、乳首をちゅぱちゅぱ吸ってきました。
私はもうあそこもすごく熱くなり、自然と先生のチンコにマンコを擦りつけてました。
先生は私のマンコを触ると、

先「すげぇ・・・」

私「恥ずかしいです・・・もうすごい変態ですよね」

先「んだな」

私「でももう我慢できないです」

そう言うと先生は私のパンツをおろし、自分はズボンを脱ぎました。
おっぱいを揉みながら上着を床に置き、その上に私を寝かせました。
先生は今までの怖くてクールなイメージとは違い、エロイ人間でした。

先「入れるよ」

私「は、はい・・・」

そして先生のチンコの先が私のマンコに入ろうとしてました。

私「痛っっ」

先「痛い?足の力抜いて・・・入らないよ」

どんどんチンコが奥に入ってきました。
でもものすごい激痛で足に力が入ってしまい、なかなか奥まで入れれませんでした。

先「やっぱりやめようか」

私「えっ?」

先「そんなに痛いんじゃ可哀想だよ」

私「でも・・・私、先生と今、一つになろうとしてるんです。すごく幸せなんです」

先「◯◯・・・」

私はその言葉を言ったからなのかすごくリラックスできました。
そうするとチンコが奥まで入りました。

私「はうぅっ・・・」

先「あっっ」

先生はゆっくり突いてきました。
始めは痛かったけどだんだん痛みがなくなり、先生と一つになれてることの喜びで本当に幸せな時を過ごしてました。

先「◯◯・・・好きだよ」

先生の腰使いはどんどん激しくなってきました。

私「あっあっあっ先生~!」

先「あ~やべ~もうやべ~」

先生は久しぶりだったせいか、もうイキそうでした。
私は状態を起こし、座位の体勢になりディープキスをしました。
先生はおっぱいを激しく揉みながら

先「もうダメだ・・・はぁはぁ出すぞ」

私「はいっっ」

そう言うと私は先生に抱きつきました。

先「うぅっ・・・」

先生は私の中で果てました。
私は初めてだったのでイクことはできませんでした。
先生はすぐ正気に戻り、「誰か来たらマズイから早く着替えて」とい言い二人ともすぐ着替えました。
それから冬休みは何度か会い、学校からはなるべく離れた場所でカーSEXしたりラブホ行ったりしました。
私は現在22ですが、その先生とはすでに別れてしまいました。
しかし、まだ好きな気持ちがあるので近いうち高校に遊びに行こうと思ってます。