姉ちゃんのが締め付けてくる

姉ちゃんのが締め付けてくる

高3の真夏のことです。
親が親戚の結婚式にいって、一晩だけ私と弟と二人で過ごしたとき、Hしちゃいました。

弟は高1で、高校になってからなんとなく、急に男っぽくなってきて、朝とかあそこが尖ってるの見かけたりしてたので、私のほうがちょっと弟に興味ありありでした。

弟とは小学6年までお風呂にはいってたけど、久しぶりに入りたいなあ、って思って、軽い気持ちで「いっしょに入ろっか」って声をかけました。

弟も「いいよー」とかいって、さっそくお風呂わかして、二人で入ったんだけど、お互いすぐにどきどきしてました。
弟は、私の胸(Dカップあった)気になってしょうがないし、私は、弟のがすごく大きくなってるのをちらって見ちゃったから・・。

でももうこういうチャンスってないと思って、明るく背中を洗いっこしたり、交代でお湯にはいったり。
弟は手でしっかりあれを押さえてるので、ときどきちらって見えるくらい。
私は、もっと見てみたいので、そうだ!と思って、いきなり弟のわき腹をくすぐってやりました。

弟はくすぐったがりで、わき腹がすごく弱いんです。
弟はくすぐったがって暴れて、その勢いでひじで私の胸を思いきり打ったので、私はころんで、壁に頭をぶつけてしまいました。
胸も頭も痛くて、泣きそう。
しかも、私は足を広げて恥ずかしい格好でした。
それを弟は見ちゃったんです。

まだまだ続きます

弟もびっくりしたのか、「ごめん・・」と私を両手で引っ張ってくれたけど、そのとき、弟のペニスが目にはいって、私は真っ赤になりました。
男の子のペニスを初めて見たので・・。

弟も、慌てて手でおさえて、真っ赤になりました。
私は、思い切って、「祐也の、おっきいねー!」と言って、「見せっこしよ」と言いました。

「えー、はずいよ」と言ってた弟も、私が足を広げて座ったら、目が私のあそこにくぎ付け。
弟も、観念したのか足を開いて、お互い向かいあって見せあいました。

弟のは大きくなってて、生き物みたいにぴくぴく動いてて、亀頭の先の方から汁が垂れていました。
私は、「お風呂あがって部屋でしよ」と言いました。
弟も、「うん」と頷きました。

それから私の部屋に行き、今度はお互い、かくさないで見せていました。

どきどきしながら、弟の目の前であそこを見せてたら、「姉ちゃんあんまし生えてないね」っていうので、「あんたより多いよ」っていうと、弟が横にすわってきて、「どっちが多い?」とかいって・・。
弟のはまた、ぴんぴんになって元気に上を向いてました。

もちろん私のほうが濃いに決まってるけど、「どっちが多い~?」ってじゃれてるみたいな雰囲気になって、体くっつけてたら、なんか弟がすっごく可愛く思えて、ぎゅっっ・・て肩を抱き締めちゃいました。

「姉ちゃん、胸おっきいなぁ・・」と見ているので「吸ってみる?」と言うと、素直に口をつけて乳首を吸ってきました。
乳房を揉みながら母乳が出るかと思うくらい、吸ってきました。
感じちゃって、「もっと吸って」と胸を弟の口に押しつけちゃっいました。

私が「ねえ、エッチしちゃおか!」と言って、弟も「したい!」と言いました。

ベッドに行き、ぎゅうって抱きあい、弟は私の全身を愛撫してくれました。
私も、愛撫したくなり、弟に「69」を指示しました。
弟のペニスを口に含み、吸いました。
そうこうするうちに、弟が入れたいといい、私は、脚を開き弟が体を入れてきました。

弟はペニスを割れ目に擦り付けてきました。
割れ目は、弟の汁と私の汁でぬめっていました。
そして亀頭が膣口にとまり、ペニスが挿入されてきました。

痛かったですが、弟が優しく少しずつ進めながら、ペニスが私に膣内に根元まで入りました。

「すごい、あったかい。姉ちゃんのが締め付けてくる」

私も痛さが薄れ、弟のペニスが入っているのがわかりました。
しばらくすると弟が腰を動かし、奥へ奥へと突いてきました。
わたしもだんだん気持ちよくなり、「気持ちいいよ」と言いました。

そして弟が思い切り着いた瞬間、動きをとめ、射精したようでした。
弟は、何度も何度も射精したようでした。

しばらく余韻にひたっていると、ペニスが膣内から押し出されてきました。
膣口からは、精子が垂れてきました。

その日だけで何回したことか・・全部中出しだったので、なんともなかったのが信じられないくらいでした。
その夏中、気が向くと、弟としていました。
2日目からはコンドーム使ってやってました。

興味が満たされたのと、秋になって受験勉強に集中したおかげで、なんとかふつうの姉弟に戻れたと思います。

それでも弟はしたそうだったし、ときどき私の部屋にきて、あそこをさわってたけど、気がつかないふりをして勉強してました。
次の夏に、またお互い欲求不満でなりゆきでしちゃって、両親がいないときに、何回かしたのが最後です。