俺名義で携帯を買ってあげたJKに・・・

俺名義で携帯を買ってあげたJKに・・・

もう5年くらい前のこと。
いつもデートしていた女子高生がいた。
彼女の名前は優美、某私立高校に通っていた。
セーラー服がよく似合う、髪の長い明るい女の子だった。

援助というわけではなく、カラオケ行ったり、買い物行ったり、遊園地に行ったり。
そういったお金はこちらが持っていたが、お小遣いをあげたりといった関係ではなかった。
お互いに、友人以上恋人未満という感じでした。
腕を組んで歩いたり、軽くキス程度はしていましたが・・・。

その出来事があったのは、優美が高校2年の冬だった。
学校帰りに友達とカラオケに行った時、タバコを吸っていた者が何名かいて補導された。
吸っていない者は2日間の自宅謹慎という処分で済んだのだったが、その余波で親から『携帯電話の解約とバイトの停止』が言い渡されてしまった。
そのため、優美は携帯電話が無くなってしまった。
元々携帯電話代はバイト代から出すことになっていた。
高額なおねだりはその時だけでした。

優美「携帯電話買ってください。お願い」

俺「通話料とかは?毎月どのくらい?」

優美「1万くらい・・・」

まだまだ続きます

俺「じゃあ、それも出してあげるよ」

ということで、出たばかりの携帯を俺名義で買ってあげました。
その日だけは深夜に会うことにしました。
とにかく連絡が取れなくてこちらも困っていたので。
パソコンでのメールのやりとりだけはできるので、近くまで行き彼女を待った。
こっそりと家を抜け出した彼女。
可愛らしいデート用の服装か制服しか見たことなかったのですが、コートを脱ぐとラフな服装。

優美「ありがとう」

俺「これで、大丈夫だね」

優美「うん。ホントにありがとう」

俺「今日はどうする?」

優美「ちょっとドライブしよう」

ということで軽くその辺りをドライブ。

優美「ねえ、裏の方に行って・・・」

そう言うのでと裏通りの方へ入ると、市内なのに家がほとんど無いような所に来た。

優美「ね、どこか、停めて」

俺「うん」

優美「もっとわからなそうなところ・・・」

ちょっと期待しながら、完全な死角となっている、周りに何もない所へ停めた。

優美「今日、ほんとにありがとう。お礼・・・」

そう言ってキスをしてきた。
この程度はよくあることでしたが、彼女の手が俺の手をとって胸へ誘う。
こうなると俺も我慢できずに、彼女の胸をそっと揉み、服の下へ滑らせる・・・。

俺「いいの?」

優美「うん。このくらいはお礼。いつかはこうなるんだし・・・」

身体をピクピクさせながら喘ぎます。

優美「ねえ、お口でやってあげる・・・」

思わぬことを彼女が言い出す。

俺「できるの?」

優美「わかんない。やったことないから・・・」

俺「じゃあなんで?」

優美「友達の話聞いていて・・・、男の人は喜ぶって言うから・・・」

運転席で窮屈そうにあれを出すと、暗い中でも何となく見えるようで、彼女はしばらくじっと見ていた。

俺「無理ならいいよ。そんなお礼しなくたって・・・」

優美「ううん。やりたいの・・・。やってみたい・・・」

いきなり咥え始めた優美。
そして、いきなりむせた優美。

俺「大丈夫?」

優美「うん。頑張る」

また咥え始める。
でもやり方がぎこちないので、すぐにむせて、また咳き込む。
そんな新鮮さで俺のはガチガチに硬くなってきている。

優美「うまくいかない」

半べそをかいてる優美に、「今度、もっとうまくなるように教えてあげるよ」と言いながら、彼女の下の方へ手を滑らす。
その瞬間、優美の小さな叫びがする。
あそこはもう濡れている。
必死で堪える姿はすごく可愛い。

俺「優美、後ろへ行こう」

優美を後部座席へ誘う。
優美をそっと抱いて、キスをする。
彼女に俺のあれを握ってもらったまま、優美の部分を愛撫する。

俺「優美、我慢できないよ・・・」

優美「え?」

優美の足を持つと、優美のあそこに俺のを当てる。

優美「だって・・・」

どうしようか迷っている様子がよくわかる。

俺「好きだよ」

そう言いながら、彼女の同意を待たずに少しずつ入れていく。

優美「痛い」

彼女のうめき声・・・。
キツい・・・。
入りづらい・・・。
彼女は必死で堪える。
突然軽くなり、すっと根本まで入る。
優美が強い力で俺の上着を握り締める。
優美の顔が俺の上着に押しつけられている。

(処女だ・・・)

俺の頭の中に浮かんできた言葉。
それと同時に腰を振るまでもなく、興奮がよぎる。

(どうしよう・・・)

気持ちがいいのと後悔が入り交じった複雑な感情。
しかし、彼女は必死に俺にしがみついている。
車内の狭い空間・・・。
離れない彼女・・・。
わずかな腰の運動ではあるが、いきなり絶頂感がやってくる。
そして射精。
優美の中にしっかりと出してしまった。
無言の2人。

俺「ごめん」

ぼそっと言うと彼女の目から涙が流れ出る。

優美「いいの」

そして俺を安心させるように、「今日は大丈夫な日だから・・・」と。
俺のを抜く時、小さな呻き声がした。
そして俺のには彼女の血が・・・。

しかし、彼女のしっかりと締まったあそこからは、俺のザーメンは出てこない。
奥にしっかりと出してしまったらしい。

優美「あなたのが奥にいる・・・」

俺は何も言えずにそっと髪を撫でる。

優美「キスして・・・」

彼女をそっと抱き締めてキスする。

優美「こんなのも私たちらしい初めてね」

その日はそのまま彼女を家まで送る。

次の日、電話がある。

優美「昨日はありがとう」

俺「大丈夫だった?」

優美「ちょっとまだ変な感じがするよ。明日の土曜日、会えますか?」

俺「いいよ。じゃあ、いつものところで待ってるよ。どこ、行く?」

優美「あのね・・・。ホテル連れて行って。今度はちゃんと抱かれたいから・・・。それから、フェラとかちゃんと教えて。私、頑張るから」

俺「いいの?」

優美「うん。ちゃんと彼女にしてくれますよね」

それから優美が卒業するまで、今度は恋人という関係が続きました。