やっぱり姉弟でアレはマズイよねぇ

やっぱり姉弟でアレはマズイよねぇ

10年くらい昔だけど、何でだか忘れたけどふたり姉弟の姉(当時女子大生。オレ、大学入ったばかり)とふたりで飲みに行って、お互いベロベロに酔っ払っての会話。
ちなみに当時の姉は、安っぽいというか庶民的な瀬戸朝香って感じ。
スタイルは良かったけど、酒癖はちょっと悪かったw

姉「ところでさー、大学入って彼女できた?」

オレ「できねーよ、サークル男ばっかだし(´A`)」

姉「じゃ、私みたいな美人とこうして飲めて嬉しいでしょw(からかう感じ)」

オレ「うん、正直ちょっと良い気分。ネーちゃん、マジ美人だし胸も大きいしさー」

姉「キャハハ、ありがと!でも、いくらおだてても姉弟だからヤらせないよw」

まだまだ続きます

オレ「い、いや、そんなつもりじゃ・・・でも、マジで美人だと思うよ、ホンネで言ってるよ、オレは」

姉「そっかー、◯◯(オレの名前)もホントに嬉しいこと言ってくれるね・・・でも、やっぱり姉弟でアレはマズイよねぇ・・・。(ちょっと真顔で思案)」

オレ「えーと・・・?(アレってつまり・・・アレですかー?何、この空気?)」

すると、姉が急に顔を近づけて来て耳元で声をひそめて

姉「・・・あのさ、アレはダメだけど、それ以外のことならしてあげよっか?」

オレ「え・・・?(それ以外のことって、どんな???)」

書いてるうちに、姉の温かい息と何とも言えない上目遣いを思い出してきた。
それとブラウスの胸もとをチラ見してたことも・・・で、とにかくもう心臓バクバク。

姉「・・・帰りにどっか寄ってこーか・・・?」

オレ(qあwせdrftgyふじこ!!!)

――――――お互い5秒間くらい沈黙――――――

姉「・・・なーんてね、冗談に決まってるじゃーんwwww」

オレ「・・・」

姉「ま、◯◯もそのうち彼女できるよ・・・さ、帰るかねーw」

当時は純情童貞青年だったから、うまい受け応えができんかったorz
あの時、うまく対応していれば・・・と今思うと、激しく後悔するなぁ(´・ω・`)
ちなみに今は嫁に行って子供も産んだ姉とは、全然会ってない。
二回に分けるほどの話じゃないけど、何となく書いてみたかった思い出でした。

その後しばらくして思ったんだけど、あの時の姉の目というか表情というか雰囲気というか・・・。
確実に「本気」だった気がするんだよね。
ほんの1分かそこいらの短い時間だったけど。

あの時、落ち着いて何か上手い対応ができていれば、飲み屋の近くのラブホか何かであんなことやこんなこと、もしかしてもしかしたらさらにエスカレートして・・・とか妄想が広がり、あまりの勿体なさに叫び出したい気分になるよ(´・ω・`)
あそこで何て応えれば良かったんかなー?

まあ、今でも思い出して、たまーにズリネタにしてるんですけどねw