パンツに手を入れ直に触る

パンツに手を入れ直に触る

俺が遊んでいた当時なので、10年ほど前。
その日は12月30日でいつものバーも最終営業日ということで、馴染み客で忘年会をしました。
知ってる顔が多数有り楽しい宴会だったのですが、私はいつもの通りマスターとのんびり話をしてました。
いきなり頭を叩かれ、ムカッとしながら振り向くと飲み友達のO(女)でした。

「何やってんの~兄さん?」

「ってーな、飲んでんだよ。邪魔すんなや!」

この女、のりも良いし、話も合うのでここで会うとだらだらと話す友達です。

顔は・・・・・。
言わないほうがいいでしょう。
とにかく私のジュニアを元気にはしてくれません。

「あははー、痛かった?ゴメンゴメン。今日友達も一緒なんだよ、一緒に飲もーよ」

まだまだ続きます

Oの後ろに立っている女の子を見て、俺の機嫌が急激に良くなってきました。

その子は髪が長く、胸は小さそうですが手足が長く、とてもスタイルがイイ子でした。
顔は当時は誰に似てるとか思わず単純にまぁカワイイ子と思っていましたが、最近久々AVを見て気が付いたのですが、及川なお(字知りません)に良く似た子でした(以下便宜上なおちゃん)。
ただ少し歯並びが悪く、出っ歯気味だけど口を閉じていれば無問題。

「ああ、いいよボックスに移ろうか」

そう言ってOとなおちゃんに挟まれて俺が座りました。
とりあえずビールで乾杯。
なおちゃんは人見知りなのか、最初は敬語で静かに話していましたが、酒が回ってくると俺の事を兄さん、兄さんと呼び、明るく色々な事を話して来ました。

1,2時間飲んだでしょうか、酔っていた訳ではないのですが、飲むのに飽きてきたので帰ろうとしました。

「俺そろそろ帰るわ」

「兄さん、今日も車?」

はい、すみません当時俺はすすきのには必ず車で来ていました。
だって車で飲みに行くとチャンスが多かったんですよ。

「あ~そうだよ」

「私たち送っていってくれない?」

「別にいいよ、なおちゃん家どこ?」

Oは前に純粋に送っていった事がある。

「・・・で~す。いいのー?」

げっ逆方向じゃねーか、でもま良いかと思い2人を送ることにしました。
本当にがっついた所が無かったので、このときなおちゃんをどうこうしようという気はさらさら無かった。

すみません、飲酒運転はだめですよね。
今はしていません。

その日私は自分の車でなく、会社のデリカで来ていた。
そして助手席にO、後ろになおちゃんで送っていった。
送る順番としては、遠いなおちゃんそしてOの順だなと思い、なおちゃん家方面に向かうとOが車に酔ってしまったのです。

「ゴメ~ン兄さん先に私の家行って~」

「別に良いけど」

そう言って俺はルームミラーをちらっと見るとなおちゃんが微笑んだような気がしました。
Oはメロメロでなおちゃんに気遣うことも無く家に着いたらお礼もそこそこに家に入ってしまいました。

「じゃーなおちゃん家行こうか。助手席座る?」

「は~い!」

なおちゃんは答えて助手席と運転席の間をまたいでやってきました。
移動するときに見えた足が抜群に綺麗でした。
俺は足フェチなのでその僅かな瞬間見とれちゃいました。

「道案内してよ、なおちゃん家方面俺苦手だから」

「え~真っ直ぐ帰っちゃうの~。どっか行こうよ~」

結構酔ってるみたいで語尾を伸ばした甘えんぼ口調。

「どこ行きたい?」

「山行こ、山。夜景見たいー」

それならばと、とある札幌では有名な夜景スポットに行きました。
駐車場に着くと、他にも夜景を見に来たと思われる車がちらほら見えます。
心なしか揺れている車もあるような・・・・・・。
車を停めてサイドを引いたとたんなおちゃんが俺の肩にほほを預けてきました。
デリカに乗った事がある人なら分かるでしょうが、助手席と運転席の間は結構開いているんです。
結構無理のある姿勢で甘えてくるなおちゃん。

体が横に45度くらい倒れてて首が痛そうです。
そんな精一杯の誘いに俺もようやくエロスイッチがONになりました。
さりげなくエアコンをOFF。
こうすれば暖房と2人の熱気で窓がくもります。
これぞ雪国の知恵。

「甘えんぼちゃんかな?なおちゃんは」

「えへへ、酔っぱらっちゃった」

そう言うと目を閉じました。
辛そうな首を支えてあげながら軽いキス。
一度顔を離して、お互いに微笑んでからディープにキ~ス!
左手で体を支えつつ、右手で小さめの胸を服の上から嬲りました。
うーん小さいとはいえ弾力がなかなか良い。
上に持ち上げるようにして左右に優しく捻ります。

「ふー、ふー」

声には出さずひたすら息を荒げています。
ラマーズ?
シャツのボタンを上から2,3外し手を滑り込ませ頭頂部の突起を刺激しました。

「んっ!」やっと声を出してくれました。
よーし次は下半身と思ったものの、ちょっと遠すぎて手が届きません。

「後ろ行こうか?」

頷くなおちゃん。
ちょうどいい具合に窓も曇って参りました。
後ろに移動し、席を倒してフルフラットにしました。
簡易ベッド完成!

横になるなおちゃんに覆い被さる俺。
DKから首筋にキス。
さっきまでのラマーズ呼吸では無く「んっ、んっー!」声を出し喘いでおります。
シャツのボタンを全て外しました。
光沢のある白のブラ小さめだけどまあるいおっぱい。
その可愛い胸に興奮して、いつもの焦らしをやめてブラを外して乳首にパクッ&舌でクリクリクリ~。

「んあっ!ねぇ見えちゃうよー」

「大丈夫、窓曇ってるから」

「でもあっ・・・」

こちらに集中してもらわなければならないので、いきなり右手を女性のデリケートな部分に。
パンツとストッキング越しにも分かる湿り気。
んーいい感じだ。
しばしその状態で手マンを楽しむ。
なおちゃんも楽しんでいる様子。

腰が上がり気味になり、切ない声が漏れている。
ではでは、というわけでストッキングに傷つけないようパンツに手を入れ直に触る。
う~ん水取ぞうさんが必要だな、と思うくらいに湿っています。
でも、今までの女と何か違う。

汁が凄くサラサラしている。
なんていうか粘りけが無いんですよ。
試しにクンクン、あまり臭わない。
手がお休みになり不審に思ったのか、なおちゃんが聞いてきました。

「どうしたの?」

あーそうだやってるんだった。
研究してどうする俺。

「なんでもないよ、スタイルいいねー俺興奮しちゃった」

「もお、えっちぃー」

満更でもなさそうです。
っで再会。
胸を舌で舐りながら右手はフル回転、でもやはりストッキングの締め付けがきついので、ひとまずストッキングを脱がせてパンツはそのままで右手お仕事(パンツの中に手を入れるのが好きな俺)
行動範囲の規制が無くなり、スムーズに動く右手君、お陰でなおちゃんもさっきより喜んでます。

いつの間にかなおちゃんが俺のジュニアをナデナデ。
うーんたまんない!積極的な態度に又興奮なおちゃんのパンツを脱がして俺もズボンを蹴り脱ぎました。
ナデナデしていた手が俺のパンツに滑り込み、シコシコ、そうしながらなぜか親指で尿道を刺激しています。
気持ち良いというよりなんか妙な感じでした。
お互いに体の準備が出来てきました。

なおちゃんの腰が上下しています。
入れる前にあの汁はどのようになっているかこの目で確認するため、くんにへ。
うーん見た感じは普通だけどなーと思いつつペロペロリ。
もう、もうと言いたいのだろうけど、「もっ・・・もっ・・・」と牛になった田村正和のようです。
くんにもそこそこに入れちゃいました。

「だめっゴ・・・」

ゴム着けて欲しかったみたいですね。
でももう遅い!俺の腰は浅く、深く、早く、遅くと縦横無尽に動いています。
酒もはいり、遅漏気味なのと当時俺はHで逝くのがあまり好きでなかった(馬鹿だね俺、今は大好き)ので頃合いを見てやめようと喘いでいるなおちゃんを見下ろしていました。
オクターブがあがり、呼吸が短くなってきました。

胸も小さいとはいえ揺れてます。
顔をしかめて下唇を噛んでいます。
可愛い娘のこういう顔っていいなーなどと考えていたら、なおちゃんの足が俺の胴に巻き付きガードポジションへと移行した。
おいおいそんな風にしたらあまり動けないよ、と思ったら。

「う゛ー!!!!!」と俺の体を締め付け、脱力しました。
イッチャッタ。

俺はイッてなかったけど、無問題。
いつも自分のHを思い出しながらオナニーしてたので。
当時の俺はこうやってみると変態だな。
しばらくなおちゃんはそのままの状態でボーッとしていましたが、食後の一服をしていた俺に抱きつき。

「気持ち良かった~」と言い、チュッとしてくれました。
その後ホテルへと場所移動し再戦しました。

そんなこんなでこの後この娘と付き合うのですが、わがまますぎて別れました。

ご静聴ありがとうございました。