これは浮気?それとも痴漢?

これは浮気?それとも痴漢?

M1の秋の話。
うちのサークルは大学の近くの海で合宿をしてました。
自分はM1でもうサークルの主要メンバーでもないので、この合宿も差し入れ持って夜だけ参加していました。
一通り飲んだんで、そろそろ引き上げようと思ってホテルの玄関に向かったんですが、玄関には2年の佳奈恵がいたんです。
佳奈恵は自分が知る限り2年の中では2番目くらいに可愛い子で、かなり小柄で、身長は150cmくらいだったと思います。

「あれ?雅希先輩、帰るんですか?」

「ああ。もううちらの世代じゃないしな。年寄りは退散するよ」

「えー。寂しいなぁ」

「はいはい。どうもね。そう言ってくれるだけで嬉しいよ」

「ホントですって。あ、家に由佳里先輩来てるから帰るとか?」

まだまだ続きます

「来てないよ。今頃卒論書いてるんじゃん?」

由佳里っていうのは、自分の彼女で当時4年。
このサークルの後輩で、当然みんな付き合っているのは知ってます。
最近は就職活動やら論文やらで由佳里が忙しいのと、自分も大学院での研究が忙しいのでほとんど会っていない状態でした。

「それより、佳奈恵はどこ行くんだ?」

「ちょっと飲みすぎたんで潮風に当たりに」

「ちょっとっていうか、だいぶ飲みすぎてるだろ?」

「そんなことないですよ。雅希先輩こそ、飲んでて運転できるんですか?」

佳奈恵にちょっと下心を持っていた自分の答えは、

「じゃあ、俺もちょっと酔い覚まししていくか」

砂浜をしばらく歩くと防波堤がありました。
自分はテトラポットを足場にして先に砂浜から防波堤に上がり、後ろの佳奈恵に手を差し伸べ引き上げました。

「大丈夫?」

「よいしょっと。ありがとうございまーす」

佳奈恵が上がりきっても当然手を離しません。
夜の防波堤は暗く、とても狭く感じます。
佳奈恵はちょっと怖がっている感じでした。

「危ないから真ん中歩けよ」とか言いながら、佳奈恵を引き寄せます。

「こんなにくっついて歩いて。浮気ですね」

「はぁ?二十歳過ぎて手繋いで歩いただけで浮気って何だよ」

「私、まだ19ですよ!12月生まれなんで」

「あんま、変わんないじゃん」

「いや、大きな違いです!!」

「そっかぁ。まあ、でも手繋ぐだけで浮気はないだろ?」

「どうかなぁ??」

「じゃあ、これは?」と言いつつ、佳奈恵の胸を触ってみました。

「きゃっ」

佳奈恵は驚いてその場にしゃがみこみます。

「ごめん」

気まずくなり思わず謝ってしまったんですが、佳奈恵は怒ってはおらず、

「びっくりしたぁ。急に触るんだもん」

「ごめん。ちょっと調子に乗りすぎた」

「今のは浮気じゃなくて、単なる痴漢ですよ」

「そっか」

そう言いながら、自分は「やれるかな?」とか「もう一歩先に進むには?」とかそっちのほうに考えがいってました。

あまりに暗いので途中で引き返し、テトラポットのところまで戻ってきました。
自分は先に降りて下から佳奈恵が降りるのをフォローします。
佳奈恵はテトラポットまで降りてきて、そこから地面(砂浜)まで一気にジャンプ。
その勢いがあまって自分に抱きつく形となりました。

「危ねえ。大丈夫かよ?」

「うん。大丈夫」

そう言いながら佳奈恵は離れようとしたんですが、自分は腕に力を入れて離しませんでした。

「え?雅希先輩?」

自分は無言で抱き締め続けます。

「ちょ、ちょっとまずくないですか?」

「いやか?」

「ううん。いやじゃないけど・・・」

「いける」と思いました。
ちょっと腕の力を抜と、佳奈恵は軽く体を離し自分を見上げています。
それが合図だったのようにキスをしました。
もちろん、佳奈恵も拒みません。

「由佳里先輩に怒られちゃうよぉ」

「佳奈恵が言わなきゃ平気だよ」

そう言いながら、防波堤の陰の辺りまで移動し再びキス。
今度はキスだけじゃなく、服の上から胸も触りました。

「これは浮気?それとも痴漢?」

茶化すように佳奈恵に聞くと、

「わかんないです」

困ったように答える佳奈恵がとても可愛かったです。

次はTシャツとブラを捲り上げて、直接胸をさわります。
小柄の割には大きい胸でした。

「寒くない?」
「うん」

一応聞いてみましたが、ここまできたら寒いって言われてもやめられないです。
佳奈恵のジーンズのベルトを外そうと、右手を伸ばしたところ・・・。

「あ、ダメです」と言いつつ手を払いのけてきます。

「どうして?」

「あの・・・。今日は・・・」

「そうなの?」

「はい。すいません」

「別に謝ることじゃないよ」

「はい」

とはいったももの、自分の下半身はやる気まんまんです。
キスをしながら、佳奈恵の腕を自分の股間に持っていくと、佳奈恵は逆らうことなくジーンズの上から自分のものをさすりはじめました。
もう欲望はヒートアップ。

「ジーンズ脱がして」

佳奈恵の耳元で囁くと、黙って頷いてベルトに手をかけるがなかなか外せません。
もどかしんで自分でジーンズを脱ぎました。
そして佳奈恵の手を取りトランクスの上から触らせ、教えるように手を上下させました。

3、4回上下させると、もう手を離しても佳奈恵は黙って触り続けています。
すでにガマン汁でトランクスは濡れていたと思います。
佳奈恵は最初はトランクスの上から触っていたんですが、しばらくするとトランクスを脱がして直接しごきはじめました。
手のひら全体でちんぽを包み込むように持ち、ゆっくりしごいています。

佳奈恵の頭を撫でていた右手を下の方に軽く力を入れました。
そのサインがわかってくれたようで、自分の前に跪きフェラし始めます。

ちんぽで口の中の温かさを感じながら、眼では一生懸命に頭を前後に動かしている佳奈恵を見ています。
佳奈恵はサオだけじゃなくタマも舐めてくれています。
でも、いまいち気持ちよくない。
なんかツボにはまってない感じです。
これじゃいけないかなと思ったんで手コキでいかせてもらおうと思いました。

「手でしてくれる?」

「うん。あんまり気持ちよくないですか?」

「あ、そんなことないんだけど・・・。ちょっとポイントがずれてるっていうか・・・」

「そうなんですか・・・」

「あ、大丈夫。今度教えてあげるから」

佳奈恵は軽く頷いて、手コキを始めました。
小指を立てながら指の腹を使っていい感じにしごき続けています。

「ちょっと唾たらして」

「え?つば?」

「そのほうがぬるぬるして気持ちいいんだよ」

佳奈恵がちんぽに口を近づけてつばを垂らしてくれます。

「このくらいでいいですか?」

「うん。いいよ」

再び手コキを始めました。

フェラと違い手コキはかなり気持ちよく、佳奈恵がしごく度につばで濡れたちんぽがエッチな音を立てています。
いよいよ限界が近づいてきました。

「いきそう。もうちょっと早く動かして」

腕が疲れてきたのか、佳奈恵はちょっと辛そうに手を動かしています。
自分は佳奈恵にかからないよう体の向きを少しずらして逝く準備です。

「い、いくよ。そのまましごいて」

「うん」

「あ、い、逝くっ」

でも逝った瞬間、佳奈恵はしごくのを止めてしまったんです。
慌てて続けさせたんですけど、タイミングを逃したのか快感は尻つぼみ。
どうやら最初に出たら瞬間だけで気持ちいいのは終わりだと思ってたみたいで・・・。
まあ、それでも十分に気持ちよかったんですけど。