お尻を突き出させて挿入

お尻を突き出させて挿入

この話は自分の思い出日記みたいなもんで自分が楽しむために書いてるので文才もないのであまり期待しないで欲しいがまぁもしよかったら見て欲しい。

俺にはアヤという彼女がいた。
見方によっては宮崎あおい似の子で、まぁ見方によってなので広末の真似をするおかもとまりみたいなそのくらいのクオリティで想像して欲しいのだが。
いやそこまでのクオリティはないかもしれないが。
とにかくカワイイ系の女の子と思って下さい。

アヤのスペックは身長155cmくらい胸はEカップまぁロリ巨乳的な感じだな。
そんなに男性経験がある感じでもなく最初のエッチはめちゃくちゃ恥ずかしがってた。
フェラとかもうまくなかったし、騎乗位になってもどう腰を動かしたらいいかわからないような。
とりあえずウブで可愛かった。

最初は普通のプレイを楽しんでいたんだけどだんだんと俺の性癖が我慢できなくなってきた。

一番最初の露出体験を書く。

旅行に行くのが好きで車で1泊2日くらいでいける範囲によく行ってた。
人が多い街中も好きだったが、地方の温泉地も好きでよく行っていた。

まだまだ続きます

その時はその地方の温泉地に行ったわけだが。
まぁのどかでそんなに人もいない。
だけど温泉地だから色々お店もチラホラあるので結構楽しめる。
大体いつも夕方くらいにホテルに着いてからオススメの居酒屋をフロントの人に聞いて行くのが好きだった。

アヤはお酒がはいると少し開放的になるのかエロくなる。
旅行に来てると特に知っている人に会う確率がないのでということもあるかもしれない。
お酒を飲みながら最初は向かい合って座っているのだが俺の横に座ってチュウをしたりいちゃいちゃしようとしてくる。

お互いいい感じでエロくなり帰ってしたくなってくると自然とそろそろホテルに戻ろうかって感じになる。
ホテルに戻り部屋のドアを閉めたらすぐに抱き合ってベロチュー。
服の上からEカップの胸を触ったり、アヤもジーパンの上から俺のチンコを触ったり。

そのまま抱き合うようにベッドに行ってセックススタート。
その日アヤは上がヒラヒラのワンピースに下はジーパンをはいてたのでジーパンから脱がしてワンピだけにする。
そしてパンツの上からクリを触る。
もうびちょびちょなのがわかるくらい湿ってる。

ふとそこで俺はなぜか「あっ明日の朝飯とか水買ってないや」と気づいて思わず口に出した。
ベロチューしながら二人で相談。
買い物に行った方がいいけど、でももう性欲がとまんない感じ。
でも、温泉の時間もあるし、結局中断してコンビニに行こうという事に。
俺はチンコビンビンアヤはマンコぐちょぐちょでのお預け状態。
むずむずしながら行こうかと準備を始めたんだけど、アヤがまたジーパンをはこうとしたので制止。

「そのままでいいじゃん、人も少ないし大丈夫だよ!」

生足を出す事をすごく恥ずかしがるんだけどそのときはエロ度も上がって俺の押しに簡単に負けてそのまま出る事に。

いざホテルから出てみるとその格好がこれまでのアヤにない露出度でエロい。
しかもそのワンピは下に何かを着る前提で作られてるワンピなのか丈が超ミニでお辞儀でもしようもんならすぐにピンクのパンツが顔を出す。

テンションあがっちゃって歩いてコンビニにいくまでずっと後ろから抱き締めて胸も揉んだりお尻を揉んだり。
お尻をもむときに指をマンコの方までのばすと明らかにぐちょぐちょ。

コンビニにつくと、まぁ地方というかレジに30前後の男が1人いるだけで他にお客さんはいない。
ちょっとボロっとした感じ。

人がいるのでアヤがすごく恥ずかしがってたが手を繋いで中へ。
アヤにカゴを持たせて水やらなんやら入れていくのだが店員に見えないようにお尻を揉んだりスカートをめくったりやりたい放題。
恥ずかしがって慌てて顔を赤らめる姿に俺のチンコは破裂寸前で我慢汁ダラダラがわかるくらいだった。

コンビニで買い物を済ませてのホテルまでの道のり俺はもう我慢の限界だった。
ちょっと横の通りに入って抱き上げてベロチュー。
そしてお尻の方からパンツに手をいれてマンコをクリを刺激。
これまでにないくらいマンコがびちょびちょでアヤの声も超感じてるのがわかる。

そのまま車の影まで引っ張ってパンツを膝上ぐらいまでずらして手マン開始。
必死に声を殺そうとしてるけどもれちゃう感じがまたそそる。

アヤもジーパンの上から触ってくるので俺はもう片方の手でチンコを露出。
もうカチコチですごい勢いでプルンッと飛び出してきてアヤも思わず「すごい・・・」と言った声に俺のエロ度はマックスに。

アヤもうしたい・・・と一言いってお尻を突き出させて挿入。
もうね、なんかしらないけど半端ない気持ちよさ。
アヤも手で口をおさえてはいるけど声がもれまくり。

俺はバックで突き上げながらEカップを揉みしだく。
でも、生で触りたくなって、ワンピースだから中に手を入れてブラのホックを外して生乳を両手で鷲掴みにしながらピストン。
もう色んなシチュエーションにテンションがあがってしまってワンピースを胸まで露出するように首のところまで一気に捲り上げた。

「いや、恥ずかしい、誰もみてない?いや・・・」って感じで恥ずかしがりつつも喘ぐアヤにもう俺はダメだった。

一気に興奮度があがり射精感がこみ上げてきていく瞬間に抜いて車のナンバープレートあたりに発射。
びっくりするぐらい勢いよく飛んだ。
アヤはその場にしゃがみこんでぐったり。
少し落ち着いてからなんだかすごかったねって会話を交わしながらホテルへ。

これをきっかけに俺たちは外でやるのが快感になってしまいました。