巨乳のブラだけあって

巨乳のブラだけあって

中学3年の夏休みの話。
プールが開放されていて、オレは泳ぐのが下手だったから行くことにした。
学校に着き男子更衣室にいってみると誰もいなかった。

どうやら、女子がプールを使用する日と間違えて来てしまったようだ。

せっかくだと思い隣の部屋の女子更衣室に行くとまだ誰も戻ってきてない様子。
しめたと思い中に入ると、そこはまるで天国だった。
あちらこちらにプールバッグが置いてあるのだ。

今日は、たくさん人が来ているようなので、試しにクラスで1、2位を争うほど可愛いY子のプールバッグを探してみた。

すると、ご丁寧にもはっきりとY子の名前が書いてあるバッグがあった。
中を開けてみると、白いブラが2枚と白くて花柄のあるパンティーが2枚、それと制服が入っていた。

どうやら、下着は行きに履くのと帰りに履くのを分けて持って来ているみたいだ。

まだまだ続きます

迷わず使用済みのブラとパンティーを手に取り、鼻に押し当てた。
このなんとも言えない匂いが最高だった。

全部持って帰りたかったが、さすがにそれは可哀想だと思い、さっき嗅いだブラとパンティーを持って帰ることを決めた。

他にも可愛い子の下着が欲しくなり、また探してみた。

すると、今度は顔はそこそこ可愛くて胸がデカイMのバッグがあった。
感情が抑えられず、中を開けるとCカップ用ぐらいのデカイ白のブラが1枚と青っぽいパンティーが1枚、それと制服が入っていた。

巨乳のブラだけあって、興奮度は絶頂だった。
舐めたり、実際に着けてみたりと色々なことをした。

こんなことは生きてるうちにそうあることじゃないと思い、このブラも持ち帰ることにしました。

そろそろ、女子がプールから上がって戻って来る頃になったので、この辺で終わりにしました。
案の定、オレが出てった数分後にみんな更衣室に戻ってきました。

帰りのMはオレがブラを盗ったおかげで、ノーブラなので、こっそり帰り道に待ち伏せし、木の陰から、胸をズームアップした写真をカメラに収めました。

白いワイシャツの下から透けて浮き上がっている乳首は最高でした。
ついでに、下からのパンチラもカメラに収め、足早に家に帰りました。

オレは今でも、そのブラとパンティーとMの写真であの時を思い出し、抜いています。

以上で体験談は終わりです。