ブラ外す練習させてください

ブラ外す練習させてください

一昨日の連休まっただ中に27歳脱童してきたんで報告。
長文失礼。

急に関東出張が決まったんで、意を決して横浜のソープ街調べまくった。
ちょうど安くて(35kだけど)嬢もいいと評判のお店があったので、スレとか200回くらい熟読して、容姿もサービスもいいという嬢をチェックして、前日朝一に電話。
無事予約取れた。

で、当日仕事済ませて、一時間前の予約確認電話入れて、充分時間余裕を見て出張先を出たんだけど、結局ギリギリの時間になっちゃって、必死で鼻水流しながら走った。
傍目には泣きながら走ってたように見えたんじゃないかと思う。
この人生最後の「童貞必死だな」の自嘲をする余裕もなかったよ。

で、無事店に着いて、予約してたんですけどーって言うとすんなりと待合室に通されてそこで5分ほど待機。
なんか女性国会議員が質問に答える番組やってた気がする。
店に来るまでが必死すぎたせいか、不思議と緊張感もなく、名前呼ばれたとき(間違えられたけど)
耳鼻科の診察で呼ばれたくらいにリラックスして席を立てたよ。

で、扉開いて教会みたいな階段ホール(?)に嬢が立ってて挨拶してくれたんだけど、むちゃくちゃ美人でスタイル良くて、プロフィール年齢(21)とそんなに離れてないと思えるほど若くて、正直度肝抜かれた。
なんか容姿に関してはネガティブなレスばっかり見てたからだろうけど、ホントに美人さんに当たることもあるんだなあと。

ぶっちゃけ仕事関連以外の女性と会話するなんか1年ぶりくらいだけど、(自分的には)結構自然に挨拶とかしながら、部屋に案内された。
思ってたより広くて、手前にベッド、奥に風呂スペースがあった。
たぶん一般的なレイアウトだと思う。
そこで「実はこういうの初めてなんすよー」と言ったら、「普段通りでいいですよー。任しちゃってください」みたいな事を言われて、腕くんでチューされた。

まだまだ続きます

ちょwww初キスwwww

でも、これからもっとエロイことやるんで、キスの方はまったく気に止まらなかった。
なんかこう、ここで言うしかないと思って「いや、女性経験とか無いんで」とカミングアウトすると、きょとんとした顔されて「嘘っ、私なんかでいいんですか!?」みたいなこと言われたんで、正直に「あなたみたいに美人さんでよかったっす」と。
で、「もてそうなのにー」と、たぶんお決まりのお世辞言いつつも、ぴしっと姿勢を直して「それでは、精一杯頑張ってお相手務めさせて頂きます。よろしくお願いします」って、お辞儀された。
三つ指とかじゃなくて、立ったままだけど、なんか凄い凛とした雰囲気があって正直感激した。

で、実のところあんまり緊張してなかったんだけど、冗談めかして「うわ、凄い緊張してきましたwww」とか言ったら、「私の方がむちゃくちゃ緊張してきましたよ」とか言って、手持って服の上から胸にむにゅって当てられた。
ホントにドキドキしてたのか判らなかったけど、とにかく心の中で「これ何てエロゲ!?」を連発してた。
おにゃのこの胸ってホントに柔らかいのな!?ホント何で出来てるんだろ!?とか思った。

そのあと、ベッドに腰掛けて何かお互いの故郷関連の雑談しながら、ジュース飲んで、「じゃあ、お願いします」てほっぺにチューされて、服脱がせてくれました。
靴下も。
スポーツジムの浴場でちんこ丸出しするのは慣れてたせいか、パンツ脱がされる時も動揺しなかったけど、嬢がチャイナドレスみたいな服を脱ぎ始めると、ようやく動悸開始。

で、下着姿になったところで、童貞なりにレクリエーションとして想定してた「ブラ外す練習させてください」を言ってみると、「あ、いいですよー。どうぞどうぞ」ってなんかゲームみたいになってきた。
マジでホックの仕組みとか知らないし、片手外しとかのバリエーションも実地で練習させて貰いました。

で、お互い真っ裸になってベッドに並んで座って、また「凄い緊張ですよwwww」て(今度は本当)言ってると、嬢のほうは「リラックスしてください。緊張してると損ですよ」って密着してきて、今度はディープなキス。
これも当然初体験だけど、やっぱり後のことがあるからか、結構冷静に(こんなものかー)
とか思いながら、エロゲのテキストを思い出して、耳知識のまま搦めたり吸いっこしたり。

あとは、嬢にリードされるままに体勢を寝かしてから、うねうねとサービス受けました。
口元に乳首を当てられたので、夢中になって吸ったりコヨリ責めとか色々試したりすると、口の中でムクムク大きくなったりして興奮した。
ある意味、この日一番の興奮がこの瞬間だった気がする。

初フェラは、なんか思ったよりインパクト無かったなあ。
上から下にかけてゾゾゾゾゾって刺激が走ったりで未知の感覚だったけど。
玉舐めとかも「これがうわさの・・・」と感慨にふける余裕さえあった。

で、全く気づかないうちにゴム付けて貰って、騎乗位でとうとう挿入。

・・・うわさ通り、まったく感慨とか無かったです。

しかしともあれ、記念すべき童貞卒業。
嬢が頬のアタリを撫でてくれたので、その手をとって「ありがとうございます」と御礼言っちゃったよ・・・。

あとは、色々ある体験談の或るルートとほとんど同じ。
嬢が上で腰を使って頑張ってくれたけど、どうしても中で逝けずに、タイムアウト。

お風呂、マットで頑張ってみたけど、やっぱり中では逝けず、手コキでぎりぎりまで立たせてもらって、マット上での騎乗位でようやくフィニッシュ。

ベッドで二回戦のときは、もう中で逝けないものと割り切って、愛撫のレッスンを受けました。
クリトリスとか膣口とかの触り方やら、Gスポットの場所とか、そのまま童貞のための性教育動画に使えるんじゃないかという念の入ったセックス講座。
ただ、その間も嬢は色々と気を遣ってくれて、「正常位のレッスン」のタイミングで逝けるように持っていってくれたけど、やっぱりダメだった・・・。

・・・結局、そのままイチャイチャしたりおっぱい吸わせてもらったりしているうちに、時間終了。

「AVは女優の体をカメラに見せるための体位が多いから、本当はもっと密着してあげたほうが愛情が伝わるんですよ」とか「結構体重掛けても重く感じないからそんな必死にならないで(自分の体重肘で支えてたからプルプルしてた)」とかなんか心にしみるようなアドバイスを貰いました。

終始、リラックスしたムードのまますすみ、擬似的に恋人ライク(?)な雰囲気を嬢が保ってくれました。
時間後、名刺もらって、外へ。
ボーイにアンケートとか書かされると思ってたら、そのまま店外へ案内されてポカンとなったのもいい思い出。