彼女は戸惑いながらも股間に感じる違和感を言い出せずにいるようでした

彼女は戸惑いながらも股間に感じる違和感を言い出せずにいるようでした

漫画喫茶でバイトしている者です。
私の店は、全席個室なのですが、もちろん密室というわけではなく、ドアは下半分が切れていて中が見えるようになっています。

このドアの隙間は一見少ししかないように見えて、中の状況をバイトが把握できるように計算されているのです。
そのため、利用者の方は死角にいるつもりでも、特定の角度からは丸見えなんですよね。
ですから男性のお客様が、一人でされているのは日常的に見ます。
こちらとしては、汚されなければ別に構わないので発見しても声はかけません。
それに常連様も、多いですし。
前振りが長くなってすいません。

ある日の事です。
私がいつものように店内を清掃していると、本棚からいわゆるオカズ本が持って行かれているのを目にしました。
オカズ本とはバイトの隠語で、続き物漫画の中のエロい巻の事です。
その時は「◯◯」の6巻だけ、ピンポイントで抜きさられてました。

私は首をかしげました。
なぜならその日はレディースデイで女性のお客様しかいらっしゃらなかったからです。
私は清掃がてら例の、監視のための隙間からブースを一部屋ずつ覗いて見ることにしました。
私のモップを動かす手が、止まったのは、三つ目のブースの前でした。
本人は椅子の背もたれで上手く死角を作ったつもりなのでしょうが、私からは、中の様子がよく見えます。
中では、少女が、椅子のひじ掛けに足を乗せて、左手で本を支えていました。
右手の先はデニムのショートパンツの中へ入っており、ゆっくりと上下に動いています。
隙間からは彼女の顔は見えません。
しかし、来店時に対応したのは私です。

確か、高校生位で、目がパッチリとした幼い顔立ちの少女でした。
私は、「あんな清純そうな子でもオナニーするのか」と衝撃を受け、立ちすくんでいました。
個室の中ではそんな私の心中をよそに、いよいよ大胆になっていました。
ひじ掛けに載せられた足は大きく左右に広げられています。
本は下向きに置かれ、空いた左手はニットの中の乳房をいやらしく揉みしだいています。
右手は徐々に早さを増して、それまでのねぶるような動きから、クリを擦り上げるような動きへと変化していました。
快楽を貪さぼる姿は意外と男の人のそれと変わらず、非常に動物的でした。
足の指はピンと張り、逸らした白い首筋はどんどん赤くなっていきます。

私はそれを見て、(あ、もうイクんだ。あんなはしたない格好で達するんだ)と思いました。
その時、私の中の悪魔が囁きました。
彼女の右手の動きがいよいよ早くなったその時です。
私は彼女の個室のドアをノックしました。
彼女はまさに天国から地獄だったでしょう。
しばらく中で固まっているようでした。

まだまだ続きます

「お客様、当店ではそのような行為は禁止されています」

私はすぐにドアを開けて個室の中へ入りました。
彼女に着衣の乱れを直させる隙を与えないためです。
彼女は耳まで真っ赤にして、体を固くしています。
ブースの中は女の匂いがムンとして、言い訳できない状態でした。
私は貼紙を指差しました。

「当店では淫らな行為は固く禁じております。そう書いてありますよね?」

彼女は気の毒になるほどのか細い声で「ハイ」と呟きました。

「お客様、今、自慰行為をされていましたね」

私はわざと大きな声で、彼女を問い詰めました。
その声を聞いて、他のブースから失笑が漏れました。
本を取る振りをして、私達のいるブースを覗きこむお客様もおられました。
彼女はもう、極度の緊張状態に置かれたようで、体全体が震え、目は虚ろでした。
私は彼女の顔を覗き込んでおや、と思いました。
(思ったより幼いな)
私はハッタリをかましてみました。

「私の質問に答えなさい!警察を呼びますよ」

彼女は「警察」という言葉にピクンと体を震わせました。
やはり幼いので、本当と受け取ったのでしょうか。

「は、はい、してました。あの警察だけは」

私と彼女のやりとりは端から見たら滑稽だったでしょう。
オナニーしたくらいで警察は来るわけではないですものね。
実際に他のブースから笑い声があがり、「サイテー」と呟く声が聞こえました。
この点女性のお客様方はえげついです。
彼女は笑い声が自分に向けられていることを意識した瞬間、緊張のピークに達したようでした。
彼女が俯いて「あー」と呟くと、みるみる内にショートパンツのデニム地が黒ずんでいき、同時にアンモニアのツンとした臭いが鼻をつきました。
私は彼女を虐めるだけのつもりだったので、まさか失禁までするとは予想外でした。

「・・・清掃代金も請求しないといけませんね。その事も含めて、お話がありますので事務所へ来ていただきます」

私は彼女をブースから連れ出しました。
事務所は受付の奥にあります。
衆人監視の中、彼女は股間から少水を滴らせたまま、ノロノロと私に付いてきました。
事務所に入ると私はビデオを回しました。
これは、あとで揉め事にならないように、店長に言われているためです。
二人切りになると彼女はしゃくり上げて体全体で泣いていました。
私はこれでは話しにならないのでアメとムチを使い分ける事にしました。

「まずは、悪いようにしないから、名前を教えて?」

「・・・ひっく、ミサです」

「身分を証明するものは?」

ミサが差し出した学生証は、近くの進学中学のものでした。
私は今の娘は中学生でオナニーを覚えるのかと呆れました。
私もどうかしていたのだと思います。
私の中の悪魔はさらに、次の指示を出します。

「おしっこ気持ちわるいでしょ、拭いてあげるから、大人しくなさい」

私が近づいても彼女は抵抗しません。
ショートパンツの釦を外しても、糸の切れたあやつり人形のように、私に体をあずけていました。
私が彼女の細い足首から尿に塗れたショートパンツを引き抜くと、現れたのは進学中学に通う女の子に相応しい飾り気のないパンツでした。
もっとも純白の生地は、自身の尿で肌にへばり付き、陰毛が透けて、いやらしかったです。

「パンツも脱がすからね」

私は彼女が頷くのを確認すると、パンツをゆっくりと下ろしました。
彼女のおまんこからは尿以外のヌルヌルした液体が出ていて、パンツのクロッチ部分との間に糸を引きました。
達する直前に寸止めされたのですから無理もありません。
私はティッシュを何枚か引き抜くと、彼女のおまんこにあてがいました。
ティッシュはおしっこの水分ですぐに重くなります。
私は、何枚もティッシュを変えながら、徐々に彼女のクリトリスを意識していきます。
私はおまんこに残った尿を拭う振りをしながら、中指の腹でクリトリスをしごいていきます。
彼女は戸惑いながらも股間に感じる違和感を言い出せずにいるようでした。
私の指がクリトリスをしごく度に「んっんっ」と声が出て、拭いても拭いても彼女のが溢れてくる有様です。
私は見兼ねて言いました。

「イッていいよ・・・」

「え?」

「聞こえなかった?イッていいっていってるの」

彼女は私の意図を察したようでしたが、罪悪感と快楽の間で揺れているようでした。
しかし、さすがに漫画喫茶でオナニーをする少女です。
罪悪感が勝つわけありません。
いつの間にか彼女の両足は、先程私が覗き見たのと同じように広げられています。
私の指を彼女のクリトリスが追いかけてくるようになりました。

「気持ちいい?」

「気持ちいいです、ああ、すごいすごい」

彼女の顔からは幼さが消えてすっかり女の顔になっています。
私が指を早めると、くちゅくちゅといういやらしい音が事務所の中に響きました。

「イキそう?イクときは大きな声で『イキます』っていうんだよ」

ツンと勃起したクリトリスを弾くようにすると、彼女は動物のような声を出して腰を痙攣させました。

「ミサ、おまんこイキます。ごめんなさい。あああ」

彼女は達すると何度も、ごめんなさい、と謝りました。
何も言わずに髪を撫でてあげると彼女は私の胸の中で長い時間、泣きました。

「思春期の頃はオナニーするのは恥ずかしいことではないんだよ。でも時と場所は選びなさい」

私がそう言って諭すと、彼女は本当に反省しているようでした。
もちろんその後は警察は呼びませんでした。
近くの100円ショップで、替えのパンツを買い、私の作業用のスウェットを貸してあげました。
彼女の自宅まで送ってあげると私の腕をぎゅっと握ってきたので、「二人だけの秘密だよ」と私が言うと、はにかんだ笑みを浮かべたのが印象的でした。