パジャマの上からさりげなく触ってきた

パジャマの上からさりげなく触ってきた

小学校の時の話。
女子ばかりの私立に通ってたの。
お友達の家へ行って、性器の見せ合いとかしてた記憶がある。
けど、実際に何をしていたのかさっぱり覚えてないわ。

そして中学3の時、仲よかった子の家へ泊まりに行ったの。
両親が旅行でいない、ってことでね。
一緒のベッドで寝てさ~。
まだ見ぬHな世界の話をするわけ。
お約束ですよね。

で、キスはどんな感覚か知りたくなった私たち。
二人して、ちょー悩んだ揚げ句「してみよっか」ってことになったの。
女同士だし初めてのことだし、テレくさくってねぇ。
だからジャンケンで負けたほうが仕掛けるってことにして。
私は負けた。

彼女が下になり、私が上から覆い被さる。
恥ずかしくて仕方ないの。
凄く躊躇したけど思い切って、彼女の唇にチュっとした。
柔らか~~~~~い(´Д`)
キスした後、彼女の顔を見たらなんか凄くカワイイ表情してるの。
テレてるような。
感じてしまってるような。
目が潤んでて。
今思うと、男性はこういう表情を見てるんですよね。
羨ましい。

さらにHなモードになってしまった私たちは、収まりがつかず、今度は胸も触って(触られて)みたくなり、一応話し合いの末w、胸を触ってみることにした。
今度は私が受け身の番。
当時の私は発達が遅く、まだAカップしかなかったんだけど、それがバレるのがなんか恥ずかしかったの。
彼女、胸大きかったし。

決心したように彼女がパジャマの上からさりげなく触ってきた。
もうそれだけで何とも言えない感覚。
直に触ってもいい?と聞いてくるので、恥ずかしかったけど彼女の要求に応えた。
恐る恐るパジャマの中に手が入ってきて、そこで彼女は「本当にいいの?」と念を押してきた。
私も凄く興奮してるし興味津々だったので「いいよ」と返事をした。
凄く優しく彼女の手が私の胸に到達したの。
そして優しくもみ始めた。
もう大変興奮したわ。
彼女も興奮してきたのか、ちょっと調子に乗り始め、乳首を触ってきた。
なんとも言えない感覚。
こんな気持ちいい世界があるなんて、凄い!
それを教えてあげないといけないと思い、私も彼女の胸を直に触り始めた。
大きい~~。
柔らか~い。
もむの楽しい~。
一層うっとりしてる彼女の顔を見たら、ますます興奮してきた。
一人Hはしてたから、なんとなくの要領を心得ている私は、彼女の乳首をさすってみたの。
小さく声が聞こえた。

まだまだ続きます

そこまで来ると、止まらなくなってしまった私は、彼女のパジャマを捲って、胸を拝見しようとしたらw、「待って!!」と我に返った彼女に止められてしまった。
どしたの?と聞くと「恥ずかしいよ~。
それになんかやばいよ~」とのこと。
いけないことをしていると思ったらしい。
そう思ったのは私も同じ。
でも止まらない。
というわけで、抵抗力のない彼女の乳首をもう一度指で触ってみた。
理性がなくなったみたいで、観念した様子。
私も凄く恥ずかしかったけど、それよりも興奮が勝っていたので、彼女の胸にキスをした。
そしたら今度は彼女が「ずるい」と言いだし(何が?)
容赦なく私のパジャマを捲り、私の乳首にキスをした。
電気が走ったような感覚!
彼女はずっと私の乳首をぺろぺろしている。
凄く気持ちいい。
何があってももういいや~、という気持ちと、罪悪感が頭を過る。

意を決して彼女のパジャマのズボンに手をかけた瞬間、「え??下も??」とまたもや我に返った彼女に止められる。
ついでに私も半分我に返り、「どうする?」と尋ねると「えー、どうしよう、まずくない?(何が?)」と彼女。
私も凄く悪いことをしている気分ではあるんだけど、それよりも興味、興奮の方が強く、「大丈夫だよ」と分けの判らない説得を試みた。

「じゃあちょっとだけ」とお許しが出たので、パジャマの下着の中に手を入れようとした瞬間・・・。

「やっぱだめーー!」と笑いながら止める彼女。

あまりがっついてると変人だと思われるし、でも舞い上がってるし、もうどうしていいのか判らなくなっちゃったあげく、やはり変態と思われるほうがイヤだ、って気持ちが勝ってしまい、止めた!
そんなこんなでなんとな~く心も落ち着いてきて、どちらともなくキスをした。
そして就寝。
とはいえ、体の方はまだ興奮さめやらぬ状態。
私は彼女に背を向け、一人Hをした。
虚しかった~。
次の日、起きて顔合わせるの、てれ臭かった~。

「昨日のことは絶対内緒にしようね!!」と硬く約束をした。

それから一ヶ月後くらいのこと。
私の家へ、彼女が遊びに来た。
どーも彼女を見るとムラムラしてしまう私は、彼女にせまった。
とてもびっくりしている様子。

「え?やる?」と、かなり困惑。
突然のことだったからねぇ。

「ダメ?」と聞くと、「いいよ」とにっこり微笑んでくれた。

舌を入れるキスなんてまだできないから、ソフトに彼女の唇にキス。
彼女の胸を洋服の上からもむ。
答えるように彼女も私の胸を揉み始めてきた。
もう止まらない。
洋服の下から手を入れ、ブラの横から手を入れ直に彼女の胸をもむ。
恥ずかしさもなくなってきた。
彼女もどんどんエスカレートしてきて、私の服を脱がせ始めた。
でもやっぱり全てがぎこちないのw
流石に洋服を脱ぐのはとても恥ずかしかった。
なのでベッドの中に入り、続行することにしたの。
二人とも上半身はブラを着けただけになって、胸のさわりっこ。
もー止まらない私は、彼女のスカートの中に手を伸ばした。

「えー?待って!」とまた止める彼女。
もう言うこと聞かないもんね~。
下着に手をかけると「えーえー?本当に??」とびっくりしている彼女。
やっぱ変態かな~?と思ったけど、躊躇するのを止めた私。

でもどうしていいのか全く判らず、とりあえず下着の上から触ってみるとなんかしめってるの。
一人Hしてたからそうなるのは判ってたんだけど。
びっくりしちゃった。
人ってこんなに簡単に濡れるのか~って。
下着の上からプニプニ触っていると、彼女が「あ、、もう、ずるい!」とまた分けの判らない”ずるい”が出てきて、今度は彼女が私のスカートの中に手を伸ばしてきた。
恥ずかしさと興奮と興味と罪悪感と色々で脳みそ爆発寸前。
すると突然彼女が「ねぇ、クリトリスってどれ?」と聞いてきた。
私の知識だと、たぶんたまに触っているアレだと思ったので「よくわからないけど、お米みたいなやつじゃない?」と言った。
すると「そうなの?なんか周りの皮みたいなやつじゃないの?」と言ってきた。
素直な私はそれを信じてしまった。
じゃああの気持ちいいお米みたいなやつは何なんだーー!と新たな疑問。

すると彼女が「見せて」と言ってきた。
言われてみてびっくり。
さすがの私も「それは恥ずかしい」と言ってしまった。
でも興味があったし、もう一度彼女がお願いしてきたらOKしようと思った。
とは言え、興奮さめやらぬ私は彼女の下着の上から指で擦ってみた。
体がビクっとしてる彼女。
たぶん例のお米に触れたんだと思う。
調子に乗って下着の横から指を入れると、ちょっと私の手を掴んで抵抗したけど、全然力が入ってないの。
なので直にあそこを触ることが出来た。

毛に触れた。
え?私、こんな所(大陰唇の周り)に毛はえてないけど、異常かしら?
っと思ったのが第一印象w
で、するするすると指を入れるとヌルっとした感覚が!
それを感じた瞬間、なんか妙に可愛く思えてきてしまって。

「ねー、やっぱりダメだよ」と小声で呟く彼女。
やっぱりダメなことなのかぁ。
と意気消沈する私。
だけど彼女も興奮しているせいか「ねー、見せて」とお願いしてきた!
とても恥ずかしかったけど、OKしてみた。
彼女は布団の中に潜り、私の足の間に顔を入れてきた。
そしてまずは手で私のあそこを触ってきた。
恥ずかくてたまらない。
足を閉じてしまった。

「ちょっとー!それじゃ見えないでしょー」といわれ、少し足を開く。
また手であそこをさわってきた。
もう大変。
彼女も一人Hをしているのか、なんかよく知ってる様子。
クリ付近を指でさする。
気持ち良すぎ。
それが通じたのか、下着を少し横にずらす彼女。

恥ずかしいけど、どうにでもなれ!という気持ちでいっぱい。

「じゃ、脱がすよ」と下着を脱がせ始めた彼女。
なすがままな私。
するする~っと脱がされてしまい、布団の暗やみの中で彼女が私の股間に顔を近づけている様子。

「暗くてよく見えないけど、こんなんなってるんだー!」とはしゃぐ彼女。
私も見たくてたまらない!なのでお願いすると「恥ずかしいからいやよ」とあっさり断られてしまった。
そして彼女は私の股間に顔を近付けたまま指でクリを触り始めた。
初めて他人様に触られた感覚は、もう今死んでも構わないって気持ちだった。
これは彼女にも知ってもらわないと!ということで彼女を横にこさせた。
下着の中に手を入れ、なんとかクリトリスを発見。
いつもやってるように指を動かし擦りつけると、「あっ・・」と声を漏らした。

もう止まらない。
私も見たいしw
今度は私が布団の中に入り、彼女の股間に顔を近づけた。
少し足を開かせ、ごたいめ~ん。
わー!毛が。
私より全然多い。
大人だ!
再びクリトリスに指を這わせる。
大人しく悶える彼女。
舐めてみたくなる私。
意を決して股間に近づけ、クリトリスにキスをした。
今までに無いほど彼女がビクっとした。
とても気持ちがいいらしい。
なので舌で舐めてみた。
可愛い声を漏らす彼女。
中に指を入れるのはさすがに怖かったので、クリトリスをずっと舐める。
もうぐっしょり濡れている。
本能なのか、なんなのか、クリトリスを吸ってみたり、吸いながら舌先でちろちろしてみたり。
悶える彼女を見て、萌え~な私。

「もうだめーーーー!!」と声を張り上げ、私の顔を手でぐっと反らさせた。
続けて「今度は私がやる!!」とのことなので、バトンタッチ。
またもや彼女が布団の中に頭を入れてきた。
胸を揉まれ、乳首を吸われ、凄く気持ちがいい。
そしてクリトリスまで指が這ってきた。
指のお腹でスリスリしている様子。
もうダメ。
気持ちよすぎ。

「私も舐めてあげるね」と言い、さらに布団の奥深くに潜る彼女。
股の間に顔を入れてきた。
もうドッキドキ。
舌らしきモノがクリトリスに触れてきた。
初めてHな声が出た私。
彼女も色々調べてるのか、妙にツボを知っている。
上手に舌を使ってクリトリスをナメ回す。
たまに指で擦ったり。

彼女も恥ずかしさがなくなったのか、だいたんに吸い付いてくる。
唇の感覚がとても気持ちがいい。
吸い付いて舐められ、、たまに指で思いきり擦られ。

それまでの私は一人Hはしていたものの、イクと言う言葉を知らなかったの。
実際にはイッてたんだけど、それが一体なんなのか全く判らなかったの。
体が震えて、膣のところがビクビクってなって。
最高に気持ちがいいんだけど、一体それがなんだったのか・・・。
逆にそれが凄く悪いことなような気もしていたの。

彼女もどんどん激しくぺろぺろしてきた。
なんかいつも一人でしているあの感覚に来るような気がしてきた。
やばい!ビクビクしちゃうかも!と思った私は「ちょっと待って!!」と止めた。
けど、彼女は止めなかった。
むしろ執拗に吸い付いてきた。
なんて上手いんだ。

堪えたけど、こらえ切れず、私はイッてしまった~!
もう気持ち良すぎ。
引き続き舐められ触られたけど、なんかとても痛かったので、上手いこと言ってバトンタッチ。
今度はお返しに、ということで彼女を攻撃。
相当興奮してるのか、とても濡れていた。
彼女がしてくれたように私もクリトリスに吸い付く。
上下に激しく舐める。
声を漏らす彼女。
たまに指でさすったりして。

「どっちがいい?」と聞くと、舐められるほうが気持ちがいい、と。
というわけでずっと舐めることにした。
またまた「どうされるのがいい?」と聞くと「吸われるのがいい」とのこと。
なのでチュッチュ吸いながら舌でツンツンした。
我ながらよくやったと思う。
本能かな?
悶え苦しむ彼女。
声がどんどん大きくなる。
私も勢いをつけて吸いまくる。
すると彼女の体がビクビクっとして「もうだめ、、やめて~」と言ってきた。
きっと私と同じ、あの感覚なんだろう~と悟った。

彼女とのHな行為はその時で終わり。
学校で会っても「あの時のことは絶対内緒ね」とテレながら約束。
凄く罪悪感たっぷりな私たちなのであった。
彼女は上へは行かず、違う高校に行ってしまったのでそれ以来あってないの。
覚えてるかな~、あの時のこと。
なぜか親同士は今でも仲良くしてるので、会おうと思えば会えるのだけど。
もしあって、あの時の話がでたら迫ってしまいそうだ。
そうなるといいなー。
なんてね。

超ながながと失礼しました(・∀・)