続・ネットで知り合った子に筆卸しされた話

続・ネットで知り合った子に筆卸しされた話

美沙の口でイッた後、しばらくその余韻に耽っていると、「気持ち良かった?」と聞かれ、「凄く気持ち良かった・・・今まで一番気持ち良かったかも・・・」と、あたかもそれなりに経験してきてる風で言うと、「ほんと?◯◯君のアドバイスのおかげかもね(笑)」と楽しそうに返してきました。

アドバイス・・・といっても、実際はAVで見た時のイメージで適当に返事しただけ・・・。

「フェラでなかなかイカせてあげられない・・・」と言っていたはずなのに、あっさりイってしまったのは、「自分が童貞(早漏気味?)だからなのか・・・」それとも、「この数ヶ月の間に彼氏のを何回も咥えていたんだろうか・・・」などと思いを馳せてました。

その後、突如「遠慮してる?」と言われ、「え、何を?」と一瞬思ったものの、「(まだ彼氏と別れてないってことで、手を出したいのに)遠慮してる?」ということだと察し、「ちょっとね・・・」と返すと、「私も◯◯君に気持ちよくして欲しいな・・・」とボソっと呟きました。

「気持ちよくして欲しい・・・」女の子の口から出てくるような言葉ではないと思っていただけに驚きを感じた一方、「身体を弄って良い」という確信を得てテンションが高まった瞬間でもありました。

といっても、全てが初めて・・・。
何からすれば良いものか・・・。

まだまだ続きます

少し葛藤した挙句、つい今しがたの美沙と同じパターンでいくことにし、上から半身覆いかぶさってキスをしました。
キスを何度かしているうちに身体を弄りたくなり、タンクトップの上から胸を弄ると、自分の予想とは違う感触が・・・。

というのも、いつも見てたAVが巨乳の子で、「きっと胸は物凄く柔らかいものだろう・・・」と妄想していただけに、A~Bカップの美沙の胸は「多少弾力がある・・・」位の感触だったからです。

「こんなものなのか・・・」と思いながらも、美沙は感じてきてる様子で「アッ・・・」と吐息を漏らすようになり、初めて聞く女のエロい声に興奮が高まってきてる自分がいました。

そして、当然のように「生で揉みたい」という衝動に駆られ、「脱がしていい?」と聞くと、「うん・・・」と言うや、徐に上半身を起こしました。
「ん、コレは脱がせってことか・・・?」と思い、後ろに回ろうとすると、「ちょっとあっち向いてて・・・」と言って来ました。
「自ら脱いじゃうのか?」と少し残念な気持ちを覚えつつ、あさっての方向を向いていると、「いいよ」と言って布団にくるまりました。

「この布団の下は・・・」と思うと、いてもたってもいられず、すぐに布団の中に潜り込み、薄暗い中で胸を中心に身体を弄っていきました。

初めて触る女性の身体に興奮しながら徐々に下半身の方に下がっていき、スカートを手探りで何とか脱がそうとしてたところ、「コレ、脱ぎにくいから・・・」と言うや、彼女は再び自ら脱ぎ始めました・・・。
「いつもこういう感じなのか・・・?」と思いつつも、勝手が判らなかった自分にとっては好都合な展開でした。

自分の予想ではミニスカだけを脱ぐのかと思っていましたが、彼女はパンツも同時に脱いでおり、布団の中の暗がりの中で股の下に手を入れた瞬間、ヌルっとした感触を感じました。

「ん、もう濡れてる・・・?こんなものなのか・・・?」と不思議に思いながらも、AVの見よう見真似で適当に手で攻めていると、「アッ・・・◯◯君・・・気持ちいぃ・・・」と言うようになり、そのポイントを徹底的に攻めました。

すると、数分経たないうちに「アッ・・・ダメ・・・イッちゃう・・・ダメ・・・」とよりエロい声を出すようになり、あっさりイってました。
「こんな拙い手つきでイケるもんなのか?」と疑問を抱きつつも、彼女のすっきりした顔を見て、「イキやすい体質で良かったな・・・」と安堵しました。
イッた後、「こんなに早くイッたの初めてだよ・・・(笑)」と照れくさそうに言う彼女にかわいさを覚え、「じゃー、もう一回してあげよっか?(笑)」と冗談半分で言うと、「うん・・・(笑)」と即答してきました。
「マジか・・・」と危うさを覚えつつも、さっきと同じ感じでいけば大丈夫か・・・と気を取り直して攻め始めると、すぐに「アッ・・・」と再び吐息を漏らすようになりました・・・。

しばらく手で攻めていると、「(指)2本にしてくれる・・・?」とリクエストをされ、その言葉に度々驚きつつも、言われるがままに2本で攻めるようにしました。

すると、わかりやすく声が変わり、「アッ・・・そこ気持ちいぃ・・・」
「アッ・・・やばい・・・凄い気持ちいぃ・・・」と本能丸出しの声を出すようになりました。

「エロい声出すな・・・」と自らも興奮を感じつつ、調子に乗って攻めていると、数分後には「アッ・・・もうイッちゃう・・・イッちゃうよ・・・」と言いながら、二たび果てました。

イッた後、ハァハァ・・・吐息を漏らしながら、「やばい・・・めっちゃ気持ち良かった・・・(笑)」と笑顔で言ってる姿を見て、「男なみのエロさを持ってる子もいるんだな」と認識しました。

二たびイッた後、「美沙ちゃん、エロいね」と思わず本音を言うと、「(メール等で)わかってたクセに・・・(笑)」と気恥ずかしそうに返してきました。
そして、美沙の声をずっと聞いてて興奮冷めやらなかった僕は、「俺ももう一度(口で)してもらっていい?」と聞くと、「うん、いいよ(笑)」と言うや、僕の足の間に体を入れて、股間に顔を埋めてきました・・・。

その後、数分間に渡ってカリを舐められ・・・裏スジを下から舐め上げられ・・・軽く咥えられ・・・さっきイッたばかりだというのに我慢汁が出まくりの状態でした・・・。
しばらく完全マグロ状態で舐められた後、「エッチしちゃおっか?(笑)」とサラっと言われました。
「したいけど、今日ゴム持ってないんだよな・・・」と残念ぶって言うと、「大丈夫だよ、あるから」と即答されました・・・。

「そっか・・・この部屋に彼氏も何回か来てる訳だし当然か・・・」と思いつつ、「ゴムの使い方わからないし・・・マズいな・・・」と窮していると、彼女は布団を体に巻きつけてベッドから離れ、机の抽斗からゴムを数個持ってきました。

そして、「どれにする?(笑)」と楽しそうに言われ、「どれでもいいんじゃん?」と曖昧に返事すると、「じゃー、コレにしよ♪」と言うや、袋からゴムを取り出しました。

「いよいよ、童貞がバレるか・・・」と思った矢先、「ゴムってどうやってつけるの?」と聞かれました。

「コレは上手くいけば・・・」とある考えが浮かび、「付け方知らないの?やってみる?」と促してみると、「何となく知ってるけど・・・やってみる(笑)」と見事のってきてくれました。

その後、再び僕の足の間に入り、少し萎んできた僕のものを手に取ると、そのまま口に咥えました。

「何も言ってないのにできる子だな・・・」と思いつつ、「このまままた口でイキたい・・・」と思ってしまう自分もいました。

そんな思いを知るはずもなく、黙々と口で扱かれた後、「そろそろ大丈夫?(笑)」と確認が入り、「ありがと、もういけるよ(笑)」と返すと、「じゃー、付けるね」と言うやゴムをカリにあてがい、クルクル下に下ろしていきました。

「”何となく”はどこいった?」と思いつつも、この局面を乗り越えたことに安堵感を覚え、次の試練?をイメージしていました。

「彼女をベッドに寝かせて、自分が股の間に入って・・・」とイメトレをし始めたのも束の間、「挿れちゃっていい?」と言いながら、勃ってる僕のものを片手で掴みながら、自分の中に挿れる仕草をしました。

「え、いきなり騎乗位・・・?」
「というか、またもや立場が逆じゃないか・・・」と思いつつも、「いいよ・・・」と言ってる自分がいました。

僕のゴーサインを聞くや、彼女は自分の中に沈めて「アッ・・・」と吐息を漏らすや、静かに腰を振り始めました・・・。

腰を振り始めてからというもの、彼女は自分の世界に入ったように「アッ・・・アッ・・・超気持ちいぃ・・・」と連呼しながら動き続け、数分経たない位で「アッ・・・◯◯君、もうイッちゃう・・・イっていい・・・?」と聞かれ、「いいよ」と返すと、ラストスパートといわんばかりに腰を激しく前後に振ってイってました。

一方、僕はというと、「手コキ&フェラの方が数段気持ち良かった・・・」というのが率直な思いで、美沙が気持ちよがってる理由がわからないでいました。
3たびイッた後、「やばい・・・◯◯君と相性めっちゃいいかも・・・(笑)」と照れくさそうに言いながら、再び軽く腰を振り始めました・・・。

自分の上で裸の女の子が腰を振ってる姿に興奮はしながらも、イケる感じではなかった僕は、「エッチってこんなものなのか・・・?」と冷静に思っていました。
そんなことを思っているうちに、「アッ・・・またイッちゃいそう・・・」と言って、美沙は急に動きを止めました。

「どうしたの?」と聞くと、「だって、私ばっかりイッちゃってるんだもん・・・(笑)」と気恥ずかしそうに言われたので、「じゃー、そろそろ俺が上になるよ」と言い、抜けないように細心の注意を払いながら正常位へと移行しました。

「コレで気持ちよくなるかも・・・」と淡い期待を抱いて、今度は自分のリズムで腰を動かしてみると、最初はあまり変わらない気がしてたものの、試行錯誤していくうちにある段階で急に気持ちよさを感じました・・・。

「あ、この感じ気持ちいいかも・・・」と思ってからは、同じリズムをキープするようにし、徐々に徐々に気持ち良さが増してきてました。

そんな最中、美沙は「アッ・・・◯◯君・・・イッちゃう・・・ダメ・・・イッちゃう・・・」と言うようになり、「まだイケるのか・・・?」と思いながらも腰を動かし続けると、「アッ・・・イクッ・・・」と言いながら、4たび果ててました・・・。

美沙がイッた後、挿れたままの状態で小休止が入ってしまい、「せっかく気持ちよくなりかけてたのに・・・」と思っていると、「◯◯君もイっていいよ。
ずっと我慢してるでしょ?(笑)」と言ってきました。

「いやいや!我慢してたなんてことは一切ないし、むしろ水を差したのはキミですよ!」と言いたいのをグッと堪え、「バレた?(笑)」とだけ返して、再び腰を動かし始めました。

再び気持ち良いポイントを見つけた後は、一心不乱にそのリズムで腰を動かし、美沙の喘ぎ声を薄っすら聞きながら徐々に気持ち良さを高めていきました・・・。

その途中で、美沙の「またイっちゃう・・・ダメ・・・」と言う声が聞こえてましたが、その時は気にかけず、美沙の中でイクことだけを考えてました・・・。

そして・・・。

「あ、やばい・・・めっちゃ気持ちよくなってきた・・・」という感覚がしてから数分後、「あ・・・イクよ・・・」と声掛けをし、「うん・・・いいよ・・・」という声と共に美沙の中で果てました・・・。

イッた後、童貞脱出できたことに素直に喜びを感じ、裸のまま二人でゴロゴロしながら、しばらく余韻に浸っていました。

そんな時、「しちゃったね・・・(笑)」と言われ、「そうだね・・・(笑)」と答えると、「まだ別れてないのにしちゃった・・・(笑)」と言い放ちました。

「明らかに美沙主導だったけど、後悔を感じているのか・・・」と思い、答えに窮していると、「けど、◯◯君のこと好きなんだからしょうがないよね♪(笑)」とあっさりした感じで言いました・・・。

そんなこんなで童貞脱出することになり、帰りの電車の中では、何度も美沙の身体と手コキ&フェラを回想してしまう自分がいました。
それと同時に、あれだけアレコレ思い描いていた童貞脱出を、あっさり&思わぬ形で迎えたことに「こういうもんなのかなぁ・・・」という思いも感じていました。
その後、美沙は大阪の彼と別れ、僕と付き合うようになり、「週3~4回は美沙の家に寄ってエッチを数回する・・・」というまさに発情期のサルになったような状態でした・・・。

以上で僕の初体験談は終わりです。
拙い内容&文を最後までお読み頂いた方、ありがとうございました。