突くたびにピックン、ピックン

突くたびにピックン、ピックン

平日の昼間、出会い系で17才の2人組をゲット。
援助交際で2って事で、待ち合わせ場所に。

2人とも茶パツのギャル系でデブではなかったので、ラッキーと思いながら、車で近くのモーテルまで。
3人でお風呂に入り、まず、一人目の髪の長いアヤちゃんとやる事にしました。

その間、ショートヘアーのユキちゃんは、洗面所で待っているとの事でした。
アヤちゃんにフェラをさせながら、マンコの具合をチェック。

色は良し、形も良し。
感度もまずまずでクリを触ってやると嬉しそうでした。
とりあえず、チンポンも硬くなったしアヤちゃんのアソコも濡れてきたので挿入。

私のチンチンの大きさにびっくりしたのか、「いったーい」と大きな声で騒ぎました。

でも、無視してピストンしていると観念したようでしばらく苦痛に耐えていました。

まだまだ続きます

そして、喘ぎ始め「まあ、こんなもんだろ」と成果に満足しながらピストンしていると部屋と洗面所を仕切るドアが開き、ユキちゃんが顔を出しました。

なんでも、アヤちゃんの悲鳴が気になって見に来たようでした。
でも、明らかに目の表情が違います。

「シ◯ナーを吸ってきた」とのことでした。

「ラリっているんだよ」

アヤちゃんが教えてくれたので「いい機会だからアヤちゃんのセックス見て行きなよ」と言うとユキちゃんはベッドの脇に座り間近に見学を始めました。

アヤちゃんもさすがに「ヤダよー、変態みたいじゃん!」と、嫌がりましたが結合しっぱなしなので抵抗も無意味です。

腰をしっかりと掴み逃がしません。
そのまま子宮をグリグリしてあげると、またまた観念したようで私のチンチンの感触を楽しんでくれているようです。
ユキちゃんによく見えるようにと、体位を騎乗位に変え、アヤちゃんのアソコが広がっている様子を見せてあげました。
ユキちゃんに見られる事に興奮したのか、アヤちゃんは、腰を更に激しく上下に動かします。

ユキちゃんに「アヤちゃんのアソコどうなってる?」と言うと「入ってる。すっごい。ユキもしたいよ」と欲情してきたようです。

3Pをやるのが最週目標だったのですが、どういう方面に持ち込むか心配だったので楽勝って感じでした。
アヤちゃんに腰を振らせながらユキちゃんとキスを(若干シン◯ー臭かったですが)しながら、ユキちゃんのアソコを触って上げました。
既に濡れていて、アヤちゃんよりシマリが良さそう。
アヤちゃんもお疲れのようだったので、穴を交換させてもらいました。
その間、アヤちゃんには休憩タイムを差し上げたのですが、やっぱりシ◯ナーを吸い始めました。
やはり、ユキちゃんも最初は痛がっていたのですが、すぐに悦び始めました。
クスリが入っているせいか感じまくりでチンポンで突くたびにピックン、ピックン。
アソコの肉壁もピックンピックン。
アヤちゃんのアソコと違う感覚に私のチンポンも悦んでくれてさらに、硬くなったようでした。

もう、ガマンの限界って感じで「出すぞーっ」と言うと同時にユキちゃんも仰け反ってビクビクいってました。

精子がユキちゃんのアソコに発射されてます。
チンポンもピクピク言ってました。
射精感を十分味わった後、ラリっているアヤちゃんを呼びチンチンを抜き、ユキちゃんの肉壺から出てくる私の子種を見せてあげました。

「やだー、気持ち悪ーい。こんなに出したの?だめだよー、中に出しちゃ」とユキちゃんのアソコをティッシュで拭こうとしてました。

私は、アヤちゃんに「そんなことより早く大きくしてくれ」と精子とユキ汁まみれのチンチンを差し出しました。

「イヤだ」とか言ってたので、まだグッタリしているユキちゃんを起こし、フェラをさせました。
ユキちゃんにフェラさせながらアヤちゃんのアソコを愛撫しました。
さっきまで、結合していたのでアヤ汁でまだ濡れていました。

ユキちゃんが私のアソコを舐めているのを見て、悪いと思ったのか「ユキー、私が舐めるよー」と自ら選手交代を申し出ました。

私が「じゃあ、2人で舐めてくれない?」とお願いしました。

憧れの3Pお約束のダブルフェラ(女2人逆バージョン)です。
2人とも両脇から丁寧に舐めてくれ、その光景に興奮しました。
一人が茎を舐めているともう一人がタマを舐めてくれる。
最高でした。
十分、フェラを堪能したあと、アヤちゃんに挿入。
2度目なのですんなり入りました。
ユキちゃんは、アソコも拭かずに、また、シ◯ナーを吸いに戻りました。
アヤちゃんもクスリが入っているためかエロエロモードでガンガン、腰を使ってくれました。
シマリはユキちゃんの方がよかったんですが、腰使いのイヤラシイこと。
奥の部分もグニュグニュしていてユキちゃんとは違う感覚です。
2発目なので、今回は攻めまくり、アヤちゃんにはイヤらしい言葉責め、そして、ユキちゃん見学ツアーと恥ずかしいことをやって興奮させてもらいました。

アヤちゃんが「イキそう!」と言ったのでそのまま昇天させてあげました。

でも、私は、まだまだ平気だったので、そのまま攻め続けました。
アヤちゃんは1回イッタため、イキやすくなっており、連続で5回はイッテくれました。
6回目になると体に力が入らないためか首がカックンカックンいってました。

いい加減、攻めるのも飽きたので、まだ我慢できたのですが、「中でいいか?」と聞き「う、、、、ん」と一応の了承をもらった後、そのまま中出し。

アヤちゃんはグッタリでお疲れ。
ユキちゃんと目が合ったので、今度はユキちゃんにアヤちゃんのアソコから逆流してくる精子を見せてあげました。

「舐めれる?」とユキちゃんにお願いすると「いいよ」とラリった瞳でOKしてくれました。

グッタリしているアヤちゃんのアソコから出ている私の精子をペロペロ舐めています。
3Pお約束の光景とはいえ、大興奮です。
その光景を見ながら手でチンチンを擦り大きくして、そのままバックの体勢でいるユキちゃんの膣に再突入しました。

そのままバックでガンガン突きまくっていると「奥が痛い」とユキちゃんが言ってきましたが無視。

腰を掴んだまま後ろから串刺し状態のユキちゃんは必死に耐えています。
その表情に興奮し一気に中出し。
ユキちゃんも、ガックリしてました。
約束通り2を渡し、サヨナラしました。
気持ち良かったけど、また、会いたいとは思いません。
おっかないから(笑)2人とも妊娠してたら、ごめんね!