子宮の壁で彼を感じた

子宮の壁で彼を感じた

ある日人通りが少ない道を歩いてたらいきなり一人の男に口を抑えられうつ伏せにされる。
人通りがほとんどないため誰も助けにこない。
男に着ていたTシャツを捲り上げられて男の目的に気づき「やめて」と必死に叫ぶが口を抑えられてるため声が出ない。
そして男に馬乗りにされて必死に抵抗すると男のあそこが固く大きくなっていくのがわかる。

そしてちょっと想像してしまい私のあそこは濡れ始める。
捲り上げられたTシャツからのぞく下着の上から男が大きな手を使い胸を揉みしだく。
下着から乳首がはみ出し、その乳首を指先で摘みながら耳元で「もう固くなってる」と囁く。

私の乳首はビンビンに固く勃ち、抑えられた口元から息が漏れる。
乳首を摘む力が強くなり、堪えきれず「んっっあっ」と声を漏らしてしまう。
彼は私のスカートをまくりパンツの上から手マンし始めた。

私の声が次第に大きくなり、小刻みに震えていくと、偶然そこに気の弱そうな男子中学生が現れた。
必死に(助けて)とうるませた目で訴えるが、男子中学生には伝わらない。
男は男子中学生を見てニヤリと笑った。
男は私の口から手を離し、私の乳首とあそこを交互に弄り始めた。

解き放たれた口に男は自分のアレをつっこんだ。

「んっはッッぅぐッッ」

まだまだ続きます

必死に訴えるがそれよりも「くちょッッぐちょッッ」っといういやらしい音があたりに響く。

「もっと声を漏らしてごらん」

耳に囁かれた声、漏れた息に感じてしまい、さっきまで男の手があった自分のあそこに手を伸ばした。

「はぅッッあッッ」

いつしか自分で快感を求め、私のあそこもぐちょぐちょになっていった。
そばに居た男子中学生はその場でズボンのチャックを下ろし、そこからアレを覗かせた。

男はまた私の胸に手をやり、さっきより力強く揉み始めた我慢できなくなって口にある男のアレを自分のあそこに持っていくと、「素直だね」と声が聞こえた。
視界の隅にいる中学生のアレは太く固く大きくなっていた。
男は自分のアレをしっかり握ると私のあそこに入れていった。

「くちゃっぐちょっずぼっっ」

奇妙な音を立てながら大きなそれは私の中に入っていく。

「ハァっっあっんッッはッッ」

我慢できない快感を感じて私は拳を握った。
そこにいる中学生に男子は言った。

「君も来なよ」

中学生はスボンを脱いだ。

「やッッ・・・」

言葉にならない声は彼らに届かなかった。

「イイ子だね・・・」

私に向かって男は言った。
中学生は大きくなったそれを私の中に入れた。

「アァッッ」

二倍になって痛みを感じて私の胸にある男の強い手を握った。

「まだまだだよ・・・」

彼の声が優しく響いた。
中学生は限界らしく男の手の先、つまり私の胸に向かって射精した。

「もうイッちゃったのかい?」

その言葉に彼は頷き、また自分のあそこを弄り始めた。
そう言いながら男の顔も限界そうだ。

「でっ出るぞッッ」

「ひゃッッ」

私は子宮の壁で彼を感じた。
中学生はもう一度私の口に射精した。