じゃあスカートも脱ごうかな

じゃあスカートも脱ごうかな

厨1の時に、家庭教師の大学生のおねえさんに手コキしてもらいました。

厨1の秋から家庭教師に来てもらってました。
彼女は(Sちゃん)地元の短大の2年生で、顔はまあ普通って感じで最初の2,3ヶ月は特にエッチなことも考えずまじめに勉強してました。

ある土曜日、おかんが友達と遊びに行くから夕飯はなんか買って食べろと金だけおいて外出してしまった。

Sちゃんが来るのは16:00だったので、それまでひまだったので、TVをつけてみると、火曜サスペンスかなんかの再放送をやっていた。
温泉での連続殺人かなんかのやつで、期待してたとおり温泉好き女子大生という設定で数人の女の子おっぱいが見れて興奮してきた。

どうしても一人エッチしたくなってきたんだが、あと1時間くらいでSちゃんがくるし、どうしようかと悩みつつも秘蔵のエロ本を部屋で見ながらチンコ弄ってました。

しかし、最後までいけずに時間になってしまい、Sちゃんがやってきました。
玄関にいくと、いつもの格好と違ってテニスのポロシャツとスカートだった。

まだまだ続きます

俺「どうしたの?」

S「テニスサークルが遅くなって着替える時間がなかったの」

で、勉強部屋に行ったもののなんかブラが透けて見えるし、実はかなり胸が大きいってことに気が付いて、さっきのTVのことも有りなかなか勉強に集中できなかった。

そんな状態だから、練習問題とかも全然だめで

S「どうしたの?」

俺「うーーん。わかんねーっ。忘れた」

S「先週おんなじ問題やったでしょーが!」

とかいって、ぐっと体が近づいたときその汗のにおいというか女の人のむわっとしたフェロモンを感じたとたん、中途半端だった股間が再度立ち始めました。
こりゃまずいと思って、

俺「ごめんちょっと休憩!コーヒー取ってくる」

S「こらー、まだ始めたばっかりでしょう」

といわれつつも部屋を出て、台所でコーヒー作って戻ってきました。

コーヒーもって部屋に戻ってくると、Sちゃんが俺のベッドの上でニヤニヤしながらなんか雑誌を読んでいる???
と思ったら、さっきまで俺が見ていたエロ本だった!
しまった!ちゃんとしまうのわすれて枕の下に適当に突っ込んでおいたので、見つかってしまった。
正直すげー焦った。

S「へー、Mくんもこんな本読むんだ(w」

俺「うるせー!返せよ」

S「こんなの見ながらなにしてんのよ~(w」

俺「いいから、続きやろうぜ」

といって、机に向かったもののかなり動揺していて集中できない。
問題読んでも意味がわからないので、

俺「うーん。まったくどうやって良いいかもわかんね」

S「だから、絵でを書くとこうでしょう」

とまた俺の体に近づいてノートにグラフを書き始めた。
ちょうど、Sの耳の部分が俺の顔の前になりさっきの女のいいにおいがしてきて完全に起ってきた。

Sが図を書き終えて手を引っ込めるときに、手が俺の股間にあたってしまった。

俺「いてっ!」

S「??え?なに立ってるのよー!ばーか!なに考えてんのよー!」

俺「しょうがないだろ!今日はSが変な格好で来るし、」

S「え?あんた私の服で興奮してんの?ばっかみたい」

俺「だから、しょうがないだろ男なんだから、、着替えてこいよ!」

S「わかったー。じゃあここで着替えようかぁ」

と言いながら、ポロシャツの前のボタンを外し始めた。
まあ、ポロシャツのボタン3つなので全部はだけるでもなく、ブラと少し胸の谷間が見えた。

俺「ばか!Sも俺よりエロいんじゃないのか?エロエロ女が!」

S「じゃあスカートも脱ごうかな」

といって、スカートを捲って少しパンツを見せた。
今思えばそれは正確に言えばパンツではなくスコートなんだが、、しかし、当時の俺はかなり心臓バクバクして股間もギンギンになってて、ちょっと涙目になっていたらしい。

俺「・・・・・」

S「怒った?ごめん」

といって、Sは俺の肩に手をおいた。
なんかその瞬間理性がぷちっと飛んで、Sに抱きついてしまった。
S「ちょっとだめだよー。
だめだったらー」と言いつつも、そんなに抵抗していないようだったので、そのまま本能の趣くままSのふくよかな胸に顔をうずめて汗の匂いを思いっきり嗅いでいた。

しかし、当然道程だった俺はそれからどうしていいかわからず、胸に顔をうづめつつ自分の股間を自分で掴んだままだった。

S「ちょっと!ちょっとまって!まずいから!」

と言って、Sは何とか俺を引き剥がした。

S「今日、おばさん何時ぐらいに帰ってくるの?」

俺「遅くなるって」

S「うーん。しょうがないなー」

といいながら、座っている俺のズボンのチャックを下ろし始めた。
俺は予想もしなかった彼女の行動に動揺し何もできなかった。
そのまま、彼女は俺の物をパンツから出して手で握った。

S「ふーん」

と言いながら、彼女は俺の者をゆっくり擦り始めた。

S「今日だけだからね。わかった?」

彼女の手の動きが速くなり始めたら「あ、あ」と俺も声が出ていたらしい。
で、どうしてもキスがしたくなって彼女の顔をみたらSも俺を見てて自然にキスしました。

S「逝きそうになったら言って」

と言われたけど、何か言う暇もなくそのままフィニッシュ!

後で机の上を自分で拭くのはちょっとむなしかったような、嬉しかったような複雑な気持ちだった。
ちなみに志望校に受かったので、中学卒業の時に最後までさせてもらいました。